« 盛岡文士劇 ~盛岡版「晩春」きんらんどんすの帯しめながら~ | トップページ | ワシんとこもそろそろ… »

あなろぐ年末SP

2009年12月31日岩手めんこいテレビで放送。
土曜日正午の情報番組の特番で、ここ数年恒例となっている。

毎度おなじみ「アトリウム」(本社1階のフリースペース)で
中途半端なセットを建てこんで放送。
司会はいつも通り、大久保、玉井両アナ。

ゲストは「フジポンヌ」の扮装をしたふじポン
番組初期のレギュラーだった久慈浩介(造り酒屋の若旦那)、
お料理の先生・小野寺恵
番組初期のレポーターで、仙台のタレント・佐々木敦夫

番組テーマは「CHANGE!」。「CHANGE!」をテーマとした
視聴者投稿ネタをゲストが審査し、
満点になると「美白隊」やこどもダンサーが踊る趣向なのは昨年と同じ。

中継は2ヶ所。
宮古市から、先日の特番でも使われた「宮古湾温泉MARS」。
というかあなろぐの年末特番でも恒例になっているはず。(これもワンパターン…)
担当はもちろん、宮古支局勤務の井上アナウンサー

昨年、業務研修と人手不足解消を兼ねて、
アナウンス業務のほとんどない宮古支局に配属されてしまった井上アナだが、
人生悪いことばかりでもないようで、
いきなり「ことし、人生の伴侶を見つけました」と発表。

2ヶ所目はイオン盛岡南とこれまたベタな中継場所。
担当は、高校野球だの26時間テレビだのいろいろかりだされ、
昨年は多忙を極めた野牛アナウンサー

で、番組の内容は、
「スポンサーからの告知」と先述の「視聴者投稿」がメイン。
まあ、いつも通り。

水沢の「LIVE」の告知VTRなんか、
「楽茶間」でも似たようなのを見たぞ。

企業の宣伝と視聴者投稿の合間に細々としたコーナーを差し挟む。
珍しく、盛岡ではなく北上の保育園を取材したVTRを流すなど、
心もち力が入っているかな、とは感じるが。

日本道路交通情報センターからの生交通情報を、天カメをバックに。
その後情報センターのお姉さんの顔写真公開と電話インタビュー。
これも「テレラヂ」(*1)時代からの企画。

岩手競馬がスポンサーに入っており、水沢の桐花賞中継も。
大方の予想通りフジポンヌは休憩、という設定で、
ふじポンが松尾康司氏とともに進行。
レース前には、騎手への若干砕けた内容のインタビューVTRを流す。

さすがに実況アナまでは用意できず(*2)、
実況音声と映像は場内放送用のものを流用。

出走予定時刻になってもレースが始まらないらしく、
トークで必死に引き延ばすふじポンの「技」も光った。

服のタイアップのため司会陣がお色直しするシーンも。
野牛アナもイオンから本社に帰還。

引っ張り続けた「マイロー姫の恩返しプロジェクト」の発表も。
WEBサイトではすでにネタバレしていたが、
2種類のパン(リンゴ味のメロンパン、チョリソー入り白パン)を
来年から岩手県と八戸地区のローソンで販売するとのこと。
スタジオで生試食したが、発売は1月16日から。

以上、目に付いた部分だけを記したが、
番組の大半はスポンサーからの告知ばかりで、
半分以上はよそ見しながら視聴していた。

企業PRを背骨として、そこから肉をつけていく制作手法は、
めんこいテレビの得意技。
20年しみついた手法はそうそう手放せまい。

今年の「あなろぐ年末スペシャル」を視聴の際も、
同じような感想を書くのだろう。


*1 ラヂオもりおかとサイマル(同時)放送した年末特番。
 内容は「あなろぐ年末SP」と大差なかった。

*2 通常、めんこいテレビの競馬中継はフリーアナの「蘇武直人」を起用するのが通例だが
 年末特番のワンコーナーではもったいない、ということらしい。

|

« 盛岡文士劇 ~盛岡版「晩春」きんらんどんすの帯しめながら~ | トップページ | ワシんとこもそろそろ… »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47193009

この記事へのトラックバック一覧です: あなろぐ年末SP:

« 盛岡文士劇 ~盛岡版「晩春」きんらんどんすの帯しめながら~ | トップページ | ワシんとこもそろそろ… »