« いじられやすい男 | トップページ | アンタッチャブル柴田・謎の休業 »

アナウンサーという職業

29日、仕事で「マリオス」から盛岡駅に向かう途中、
局に向かって歩いている岩手朝日テレビ・中尾孝作アナを発見。

それほど背も高くなく、やせ形で童顔なのもあって、
どう見ても「大学生」にしか見えなかった。

オーラがないというか、なんというか…
でも、取材などでは、逆に得をするかもしれないね。

その中尾アナ、その日の「楽茶間」本番中の出来事。

県内5局で制作する「教えて!地デジ大使」コーナー。

この日はNHK盛岡制作のVTRを放映していたが、
同局の酒匂アナウンサーが白タキシードで登場したシーンで、
スタジオのマイクがONになっており…

中尾アナ「きのう、傍聴券(*)取りに並んでたらしいッスこの人」
畑山アナ「ウフフ」

仕事だからいいじゃない。(笑)

* 県内初の裁判員裁判(朝日)のことと思われる。

|

« いじられやすい男 | トップページ | アンタッチャブル柴田・謎の休業 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47427884

この記事へのトラックバック一覧です: アナウンサーという職業:

« いじられやすい男 | トップページ | アンタッチャブル柴田・謎の休業 »