« アーノルド坊やは悪者? | トップページ | いじられやすい男 »

デパート冬の時代

セブンアンドアイホールディングスが、
銀座・「西武有楽町店」の今年暮れの閉店を発表。(東京新聞

元日劇や朝日新聞本社のあった場所に立つ「マリオン」の一角を担う存在。
有楽町駅にほど近く、人出の多い好立地であったが、
近年は「マロニエゲート」「イトシア」などのライバルが出現、
それらに対抗するには、もう鮮度がない、ということなのだろう。

さて、マリオンと言えば、西武と通路を挟んで「阪急」が入居している。
こちらは閉店しないようであるが、
その阪急も、今日になって京都の「四条河原町阪急」を閉店すると発表している。(産経

店舗面積が小さいことを理由としてあげる一方、
道を挟んで真向かいにある高島屋は来年に経営統合する相手であり、
グループ内のカニバリを避ける意味合いもあるものとみられている。

両館を一緒の店にして、
「A館・B館」「総合館・メンズ館」などとする方法もあると思うが、
写真で見る限り、それにはやや距離があるようだし、
結局は屋号を統合するにあたって、軋轢が生まれるのは目に見えている。

いずれにせよ、百貨店がいくつも屹立して
すべてが黒字店舗として維持できる時代ではない、ということなのだ。

そういえば、西武もいつしか鉄道支配から一歩後退し、
セブンイレブングループになり、
阪急は阪神と合併した上で「H2O」になり、そして高島屋との経営統合…。

商業の世界は大きく様変わりしている。
別に、デパート業界の合従連衡はいまに始まったことではないのだが、
最近の激変ぶりといったらない。

帝王・三越は伊勢丹と一緒になり、さらに東急もお近づき中。
名古屋の雄・松坂屋は大阪の大丸と手を組んだ。

地方のデパートも閉店やリストラを進めている。
百貨店が王様だった時代はすでに過ぎ去ったと言わざるを得ない。

イオンなどの大型スーパーも凋落著しく、コンビニも一時の元気はない。
いま隆盛を極めるネット通販も、いつまでの天下かはわからない。
そのうち、見たこともない業種の小売店が大流行するかもしれない。

あるいはまた、百貨店が息を吹き返したりするかもしれないが…
当分の間、辛抱は続く。

|

« アーノルド坊やは悪者? | トップページ | いじられやすい男 »

「ニュース」カテゴリの記事

「小売業」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47414793

この記事へのトラックバック一覧です: デパート冬の時代:

« アーノルド坊やは悪者? | トップページ | いじられやすい男 »