« 玉川徹、まかり通る | トップページ | 09~10年末年始・岩手のテレビ情報 »

ちちんぷいぷいin岩手県

はじめて「ちちんぷいぷい」(毎日放送)を通しで見る。

司会は西靖アナウンサー。
いまの『知っとこ!』枠の全国ネット番組に出ていたのを覚えているが、
だいぶ年季が入ったという印象。

今年4月から金曜日のみ、一部TBS系列局がネット開始。
7月にはTBSなどがネットから脱落したが、
IBCは頑固にネットを続けている。

岩手の場合は『ミヤネ屋』『5きげんテレビ』の二段重ねが裏番組という厳しい状況だが、
関西色豊かなこの番組を放送し続けるのは、
おそらく「関西文化の伝道師」奥村アナの猛プッシュがあるのかな、と想像。
ただ、山陰地区のように月金ベルトでの放送、とまではいかない模様。

全国ネットを意識した内容になっている「ミヤネ屋」と違い、
内容は基本的に関西の視聴者向け。
とても全国区とは言えない、トミーズ健やハイヒールリンゴの出演も
なにわ風味を醸し出す。

ラサール石井もレギュラーを務めており、
この日は「政治家の先生は、テレビでは腰が低いけど、
控え室では素っ気ないよ」とコメント。
威張っている、という意味ではなく、
ナチュラルにそうなってしまうんだという意味だったが、
いずれにせよ東京では言えないね。

このように、最新ニュースも取り扱いはするが、
全体的にはこれも「ミヤネ屋」と対照的で、報道性はあまり高くない。
ニュースや話題を説明するのもVTRではなく、
モニター画面で文字を読み上げながら説明する。
BGMも抑えめで、マッタリトークが主体。

この日のゲストは三谷幸喜ということで、
関西弁をテーマにトークしていた。
「めばちこをいろた」「ほかさんとなおしといて」
(「ものもらいをいじった」「捨てずにしまっておいて」)という例文が。
まさに関西。

さまざまな話題を取り上げるなかで、
「今朝の盛岡市はマイナス5度」
「小沢一郎氏は、岩手では『郷土の政治家』だが、関西では…」
「千昌夫の味噌汁の歌『しばれるねぇー」」…
北国の奇特なネット局に配慮してか、ことあるごとに「岩手」を引き合いに出してくれるので、
嬉しくもあり、面はゆくもあり。

女子アナが「箕面市で0泊2日旅行」を紹介したところで
(これも関西ベースの話だが、岩手からは1泊すればよいわけだけど)、
挨拶もなしに「また来週」のテロップが出て、4時53分に飛び降り終了。

ところどころで、先述のモニターを使って、
番組内容の項目紹介をするのだが、
岩手飛び降り後の内容まで表示していて、
配慮が足りない感じ。
ま、やはり関西の番組なのだ。

岩手で見ている分には細かい指摘点はあるが、
総じて、夕方にゆったり見るにはぴったりという印象。
「ミヤネ屋」のような速報性が低い代わりに、
気ぜわしさもないし。

あとは関西文化を受け入れられるかどうか、だろうが、
我々トーホグ人が関西・大阪に抱くイメージのような、
「しゃべくり」「ドタバタ」「当意即妙」「激しいツッコミ」
「コンクリ詰めしてナンコ沈めたろかボケ!タコ!」等は
この番組にはないので、そういう意味では「安心」して見られる。

ただ、「橋本府知事、小沢幹事長に陳情」という話題の流れで、
リンゴのコメント「中国領事館、ライフの隣にあんねん」。
これは岩手の視聴者には伝わんねー。
(ちなみに、スーパーのライフのことである)

(追記)誰だ、2ちゃんにこの記事のURLを載せたのは(笑)

|

« 玉川徹、まかり通る | トップページ | 09~10年末年始・岩手のテレビ情報 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/47053225

この記事へのトラックバック一覧です: ちちんぷいぷいin岩手県:

« 玉川徹、まかり通る | トップページ | 09~10年末年始・岩手のテレビ情報 »