« 実録!? 緊急特番 柳沢警察密着24時!! | トップページ | フィクサー紳助の「調整力」 »

盛岡文士劇2009

本日より「盛岡文士劇」が盛岡劇場にて上演。
キャストの一人、めんこいテレビの工藤アナがブログで決意表明している。

今年も早々にチケットが売り切れた模様。
民放アナウンサーが勢揃いする現代劇は
「盛岡版・晩春 ~きんらんどんすの帯締めながら~」。

IBCからは、もはやレギュラーといってもいい大塚富夫が登場するが、
残念ながら今年度で定年となるため、最後の出演か
(在盛メディアの世界には残りそうであるが)。

同じくIBC・土村萌、TVI・中里美佳と盛岡出身者が並べば、
MIT・工藤淳之介、IAT・畑山綾乃と青森出身者も相まみえる。

ただ、これだけ青森・岩手出身者がそろってしまうと、
今年は「ヘタクソ方言」を聞く楽しみがないかも?

昨年に引き続き「高橋佳代子」も登場。
昨年は主演格で、お得意のホワイトボードを前に熱弁もふるったが、今年は?

もちろん、「花道の天使」「客いじりオバさん」こと
畑中美耶子も大活躍間違いなし。

いっぽう、文化人寄りの時代劇編は「源義経」。
主役は、昨年も主演し話題を全部かっさらっていった、
NHK盛岡・利根川真也。

プロデューサーの高橋克彦は、今年も切れの悪い演技で楽しませそう。
ほか、井沢元彦、斎藤純といったおなじみの面々に加え、
某県紙でのトボけた連載が本になった長内努(彫刻家・舞台美術家)も登場。

スペシャルゲスト格で、漫画家の「ロドリゲス井之助」が出演。
サラリーマン時代に盛岡勤務経験があるとのこと。(日本漫画学院

IBCからは菊池幸見、村松文代が登場する。
文代の妖しい魅力が今年も、芝居に花を添える。

…毎年のことだが、現代劇と時代劇の両方に、
アナウンサーを4人も送り込むIBCの相も変わらぬ特別待遇が気になるが、
頭数も多いし、テレビ放映権も持っているからしかたがないか。

ということで、来年のお正月にはIBCテレビで放送されることは間違いないので、
期待して待ちましょうか。

|

« 実録!? 緊急特番 柳沢警察密着24時!! | トップページ | フィクサー紳助の「調整力」 »

岩手県」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46940295

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡文士劇2009:

« 実録!? 緊急特番 柳沢警察密着24時!! | トップページ | フィクサー紳助の「調整力」 »