« 日本一の爺さん | トップページ | タモリ倶楽部「知られざる書体の世界 フォントにあった怖い話」 »

黙して語らず

三遊亭円丈、円楽の死を無視。 (注:後にコメントを出した。追記に記す)

先日死去した落語会の巨人、三遊亭円楽と、
円丈は「宿敵」のような存在であった。

70年代に起こった、三遊亭円生以下の落語協会大量脱会は、
円楽が首謀者だと、著書「御乱心」で暴露したのが円丈である。

円楽は何も反論しなかったが(むしろ肯定してみせたとも言われる)、
同門であるにもかかわらず、以後の共演はなかったようだ。

もとより更新の遅いWEBサイトとはいえ、
円楽の死後、更新されていなかった円丈ドットコム。

もしかして何らかのコメントを…と思わせたが、
書いたのは「ハッシュドポークを作ったよ~ん!」であった。
(日付が10月になっているが、これも高齢恒例の間違いである)

更新履歴もマメに書いているが、
いくつかの日記を追加したとあるが
円楽に関することは書いていない。

強いて言えば「年末に『死神』をやる」という
なんとも皮肉めいた記述がトップページにある。

円丈自ら描いた、コミカルな、馬面の死に神の絵が添えられている。
円丈にとっては、この「死に神」が円楽なんだろうか、と考えたり…。
死に神でも神様は神様だし。

追記(11/21)

円楽に対するコメントが、
浅草演芸ホール昼トリ日記」にて、
ひっそりと書かれた。

「いろいろあったが」
「つつしんでご冥福をお祈りいたします」。

あながち、死に神でばかりもなかったようである。ひと安心。

|

« 日本一の爺さん | トップページ | タモリ倶楽部「知られざる書体の世界 フォントにあった怖い話」 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46749162

この記事へのトラックバック一覧です: 黙して語らず:

« 日本一の爺さん | トップページ | タモリ倶楽部「知られざる書体の世界 フォントにあった怖い話」 »