« ここでもマイナーなイワテケン | トップページ | 鏡よ鏡、鏡さん »

夢の出会い

田代まさしが訪ねてきたよ…と志村けん。(Yahoo!オリコンLivedoorトレビアン

志村けん公式ブログによれば、
「土下座、土下座、また土下座」だった田代。

そりゃ、いろいろあったから、気まずくもなろう。

そんな折、計ったかのように、
テレビでは酒井法子の裁判のニュース。

志村「行かなくていいのか」
田代「勘弁して下さい」

…微笑ましいというか、なんというか微妙な感じのやりとりを
志村は紹介している。

かつて田代は、コメディアンとして、
「だいじょうぶだぁ」「バカ殿様」で、
志村の番組に欠かざる存在になっていた。

単独でもテレビの司会や、スーパーサブ的な役どころを担い、
仕込み刀ならぬ「仕込み小道具」で笑いをとるなど、
日本のバラエティでその力量を大いに発揮していた。

その田代が、(仕事の疲れや精神的な弱さを理由としているが)
耳にタコだ、腕にシャブだ、なんだかんだあって、
志村は「芸能界に復帰してはいけない」と一喝していた。

結局、ラッツ&スター時代の盟友、桑野信義(盗まれ名人)が
多少頼りないながらも、田代の代わりを買って出て、今に至る。

しかし、志村の番組の再放送やビデオ化、DVD化にあたり、
田代はさすがに画面に出すわけにはいかず、
その出演シーンが大きすぎる障壁となっていた。

さんざん、日本の芸能界、ひいては志村けんに
「多大なご迷惑」をかけつづけた田代はいま、
芸能界への復帰を目指そうと、ネットやトークショーを中心に、
小さな蜘蛛が糸をたどるように細々と活動している。

そんな折り、とうとう、田代の出演シーンを含めた
志村の番組のソフト化に方々からのGoサインが出た模様で、
それが今回の「ご対面」につながったものと考えられる。

一度はきつい言葉を投げつけた志村も、
この日は励ましの言葉を与えたようである。
「いまはDVDを出すくらいしか出来ないが」…
それが田代への最大のはげみになるのである。

次に謝るべきは、「二度と芸能界の敷居をまたぐな」と言った
無二の友・くわまんであろう。(元マネージャーとは会っているようだが)

|

« ここでもマイナーなイワテケン | トップページ | 鏡よ鏡、鏡さん »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46664204

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の出会い:

« ここでもマイナーなイワテケン | トップページ | 鏡よ鏡、鏡さん »