« 大手流通業界に、どう臨むイワテケン | トップページ | ヨハネの洗礼 その2 »

岩手の地デジはどうなるの

「IATスーパーJチャンネル」を見ていたら、
本日、同社の(というかNHK・民放すべてだと思うが)地上デジタル放送中継局が
4つ開局した、とのこと。

沼宮内、二戸堀野、山田、湯田。
どこも、そんなド田舎というわけではなさそうな地域である。

そんな地域が、今まで地デジ過疎地域として取り残されていたのか、
と思うと、岩手という県はいかに地デジ普及が難しいか、
というのを実感させられる。

IBCのホームページからリンクされている、、
社団法人デジタル放送推進協会のWEBにある、
岩手県の地デジ中継局開局予定を見てみると…。

種市本町、陸中大野に関しては
「NHK、IBC、テレビ岩手、めんこいテレビのみ」との表記。
つまり「岩手朝日テレビ(IAT)」は開局しない、ということになるが…。

この2つはいずれも洋野町を構成する地域。
ということは、IATは洋野町は後回しでもいいような地域である、
と言っているようなもの。

2011年までには開局するんでしょうね? え?しないの?

ところで、テレビ岩手とめんこいテレビのWEBサイトでは、
いまだに放送エリア表がアナログベースなんだけど…。

IBCは地デジ紹介ページはあるが、情報は2007年末で止まっている。
WEB上の情報が一番まともなのが、洋野町をソデにしたIATのサイトだったり。

岩手の地デジ、春まだ遠し。

(追記)
このブログが関係しているのかどうか知らないが、
テレビ岩手IBCが相次いでWEBを更新。
テレビ岩手はデジタル中継所とアナログ中継所を併記したマップを公開している。
IBCも2010年1月までの開局予定を公開した。

めんこいテレビはご想像通り。

(追記2)
めんこいはややわかりにくい場所で、デジタル中継局について紹介している。

|

« 大手流通業界に、どう臨むイワテケン | トップページ | ヨハネの洗礼 その2 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

洋野町にはもともと、IATはアナログの中継所もなく、
そのため、久慈や二戸の電波を受信していることが多いようです。

投稿: たかはし | 2009.11.21 08:48

総務省の中継局ロードマップを見てみたんですが、こちらもIATだけ非該当になってますね。
財政的にキツいのは分かりますが、IATの洋野町に対する扱いは酷いですね。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/zenkoku/roadmap1.html

投稿: ホウス | 2009.11.17 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46782417

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手の地デジはどうなるの:

« 大手流通業界に、どう臨むイワテケン | トップページ | ヨハネの洗礼 その2 »