« 新聞連載 | トップページ | プロの思いつき »

岩手in沖縄

沖縄県のジャスコ南風原店で「いわて盛岡デー」。
岩手県知事と盛岡市長のタッグで注目され、某県紙でも写真付きで紹介されている。

なお岩手フェアは地元法人「琉球ジャスコ」とのタイアップにより、
南風原店だけでなく、
沖縄県内のジャスコ、マックスバリュでも開催されたとのこと。

一押しは海産物。
沖縄の人は普段どんな魚を食べているのかよく知らないが
(魚よりも肉やらスパムやら食べてそうな印象もあるが)
さんま39円は、岩手でもそんな値段ねーよ、という価格設定。

ただ、大きくプッシュされているのは「ほたて150円」。
ほかにも「さけ」「たら」「わかめ」が前面に。
さすがに、鮭や鱈は沖縄じゃとれなさそうだし。

お菓子・飲み物では、松栄堂の「ごま摺りだんご」、
銀河高原プリン、かもめの玉子、たのはたヨーグルトなど。
そして湯田牛乳・飲むヨーグルトが沖縄では珍しい1000mlで登場
(沖縄ではアメリカの影響で1パック946mlが普通)。

そして南国ではあまり食べなさそうな「りんご」も1個99円。
さすがに沖縄とは言え、りんごを全く食べたことのない人はあまりいないと思うが、
身近ではなさそう。りんごは青森・長野だけじゃない、という格好のアピールの場。

お肉ではまず牛肉をプッシュ。
豚肉は「愛海豚(めぐみとん)」という、地元でも聞いたことがないブランドだが、
豚肉に厳しい沖縄で受け入れられるかどうか。

そしてお酒ではあさ開、桜顔、菊の司の3大盛岡酒蔵のほか、
泡盛「夏美の夢」も登場。「どんど晴れ」がきっかけで製造された泡盛で、
盛岡の米を使っているとのこと。(崎山酒造廠
岩手でも売ってるのかな? 飲みたいなぁ。

イベントでは、岩手弁の達人「畑中美耶子」が登場。
南国沖縄でも客いじりをするんだろうか。
じゃじゃ麺ソングで一部では有名な「田口友善」も。

ラジオ番組の公開生放送も。
しかしゲストは残念ながら「吉幾三」と、
幾三プロデュースの「華かほり」。両者とも青森出身。
沖縄の人には青森と岩手の区別もつかないさぁ~、ということか? うーん。

ベタな「雪遊び」なる催し物も。
人工雪で子供たちに遊んでもらうような感じかな?
岩手はいま、雪ないんですどね…(笑)

「かけはし交流」なんてのもあるが、
基本的には沖縄の人にとっては「岩手ってどこさぁ~」状態と思われる。
青森と秋田は知っていても、岩手は知らないという人も多そう。

以前も書いたが、こういったイベントで、岩手の知名度向上に努めることは大事だと思う。

でも、吉幾三はどうにかならなかったんかのぉ。

|

« 新聞連載 | トップページ | プロの思いつき »

「ニュース」カテゴリの記事

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46889472

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手in沖縄:

« 新聞連載 | トップページ | プロの思いつき »