« Windows7インストールできず | トップページ | ちゃんとテレビを見る人 »

Windows7、ようやく使用開始

Windows7インストール失敗のその後…。
Vistaからのアップグレードをあきらめ、
「新規インストール」をすることに。

とりあえず、「システムの復元」で、
ファイルの中身を指定させるダイアログボックスを
エクスプローラ代わりに使い、
ドキュメントフォルダの中身を、
バックアップなどに用いていた、別のHDDに待避。

そして「新規インストール」を泣く泣く選択、
Windows7のインストールが再開。

その後はぐずることもなく、
一晩空けても終わらなかった(それどころか大変な事態に陥った)
前回とは異なり、20分ほどで「インストールの最終処理の実行中」レベルに突入。
おそらく前回の失敗時でシステムがあらかたHDDにコピーされていたからであろう。

で、無事インストール終了し、OSが立ち上がった。
もしやデータが生き残っていたりして…と
淡い期待をしたが、残念ながらきれいさっぱり。
デスクトップには「ごみ箱」しかない、生まれたてのOSである。

ファイルは別HDDに入れてあったからよかったものの(*)、
インストール済みだったアプリケーションソフトはすべて入れ直し。
インターネットでさんざん利用したCookieは全部消えてしまった。

もっと困ったのはメール。
Windowsメール(XPでいうOutlook Express)がなくなって、
Windows Live!に統合した、という話を聞き、
ID取得だのなんだの、なんかめんどくさそうなので、
結局、職場でも使ったことがある「ThunderBird」に変えてしまった。

Firefoxもそうだが、ダウンロード時に「お使いのOSでは使えません」
みたいなことを言うのであせったが、
ダウンロードもできるし、インストールもできた。
使用感も問題はない。

で…Windows7そのものについてですが。
結果から言えば「上出来」。
Vistaは、重くなってどうしようもなくなる状態が頻発していたが
Windows7についてはあまりそのようなことはないと感じる。

使い勝手はVistaとほとんど変わらない。
Windows7はVistaのマイナーバージョンアップだそうだが、
ほんとに「チューンナップしたVista」である。

ただ、タスクバーの使い方が変わったり
(ピンと来なくて、プロパティを開き、Vista以前に近い
「タスクバーがいっぱいの場合に結合」にした)、
Internet Explorerの挙動が変わったり
(新しいウィンドウを開きにくくなった、
文字を選択して検索バーにドラッグできなくなった、など)、
明らかな変化点もある。

まだまだ慣れるまで時間がかかりそうである…。

*OSインストール直後はバックアップ用のHDDが
 エクスプローラから消えてしまっていた。

 「まさかこのHDDまできれいにしてくれたのか」と焦ったが
 コントロールパネルの「コンピュータの管理」→「ディスクの管理」で
 ドライブレターを割り振ると中身を確認できた。

|

« Windows7インストールできず | トップページ | ちゃんとテレビを見る人 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46582121

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7、ようやく使用開始:

« Windows7インストールできず | トップページ | ちゃんとテレビを見る人 »