« タマちゃん | トップページ | お前ら何やっとんねん »

徹子は「旅券」を全ての民に与える

「古めかしいトークショー」から「芸人試練の場」へ…。

テレビ朝日「徹子の部屋」が注目されている。
きっかけは同局「アメトーーク!」とのコラボ。
若手・中堅芸人が、徹子にボコられるケースが相次いだ。

そこから、「徹子の部屋」が「芸人虎の穴」へ…。
徹子を遊ぼうとして、逆にマウントを取られる。

徹子に敗北を期すことが逆に芸人の「ステイタス」になり、
そして徹子はますます神格化されていく。

弊ブログは「黒柳徹子=ヒクソン・グレイシー」説
唱えさせていただいた。

番組がスタートしたのは、テレビ朝日が前の前の社名
「日本教育テレビ」だった頃の1976年。
すでに33年を数える、歴史ある番組である。

ほとんど知られていない文化人を呼んだり、
ときおり「終戦特集」をやったり。
若い人に見てもらおうという気のない番組にも見える。

いずみたく作曲のおなじみのテーマ、
高級邸宅のようなセット、中央にドンと置かれた大きな生け花。
「マダムの午後」をイメージした番組、という印象を受ける。

しかし、格式高いと思っているのは視聴者だけで、
実際、黒柳徹子という人はそんなに堅苦しい人ではない。
この番組も、それほど気むずかしい番組ではないはずなのだ。

なにしろ第1回では森繁翁にパイタッチされ
初期には関根勤がモノマネをするクイズコーナーもあったのだ。

いまでも年末にはタモリが現れ、一芸を披露するし、
最近はやっていないようだが、小沢昭一とのコスプレ大会も番組名物。

それはまさに徹子にふところの広さがあるからこそ。

数年前まではそれが生かされぬまま、
放送時間を移動させられるなどの苦汁をなめ、
打ち切りの危機すらあった。

それを乗り越え、しょうもない(笑)深夜番組とのコラボで
「第2ステージ」を迎えるに至ったのは喜ばしいことではないか。

だからといって「終戦特集」をやめるべきではない。
「徹子の部屋」は「全てのゲスト」を迎える体制を維持すべきなのだ。

「すべての人」を迎えることができるのは黒柳徹子だけ。
そう、徹子はヒクソンであり、オスカー・シンドラーであり、杉原千畝なのである。

誰にもビザを与える優しさもあり、
戦いを挑む不埒者には鉄拳を処す厳しさもある。

日本のテレビ界に「至宝」あり、である。

|

« タマちゃん | トップページ | お前ら何やっとんねん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46398830

この記事へのトラックバック一覧です: 徹子は「旅券」を全ての民に与える:

« タマちゃん | トップページ | お前ら何やっとんねん »