« ファイト一発、売り飛ばそうぜ | トップページ | ドロドロとドロドロ »

猫“八”が鳴く!

いろんな芸能ニュースが飛び交っている本日だが、
個人的には「4代目江戸家猫八襲名披露パーティー」に注目。

2001年に亡くなった先代猫八の実子、江戸家小猫が「還暦を機に」名跡を継いだ。
動物や虫の鳴き真似を持ち芸とし、物腰の柔らかい語り口でおなじみ。
「キンカン素人民謡名人戦」の司会を覚えている方も多いだろう。

パーティーでは落語協会の鈴々舎馬風会長のほか、
先代とともにテレビ黎明期のお笑いを支えてきた
三遊亭圓歌(歌奴)、三遊亭金馬(小金馬)も顔を揃えた(スポニチ)。

鏡割りの写真(サンスポ)ではケーシー高峰、内海桂子、笑福亭鶴瓶らの姿が見える。

11月1日、上野動物園で本物の動物に囲まれながら
全国襲名披露公演をスタートさせる。
60歳にして満を持して「子猫」から「親猫」となるわけである。

どちらかといえば下町のオヤジ的な雰囲気のあった先代とは違い、
ぴっちりと分けた七三分け(いまはふんわり自然だが)や
てらいのない芸風から「生真面目」な印象を受ける。

いっぽう、「テレビゲーム番組のやる気のない司会」でも知られている。
興味もないのに引き受けてしまうのは、人柄の良さというかなんというか…。

とにもかくにも、味わい深い人物である。
刺激を求めるいまのテレビには少し不釣り合いかもしれないが、
もっと芸を見てみたいところだ。

|

« ファイト一発、売り飛ばそうぜ | トップページ | ドロドロとドロドロ »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46541900

この記事へのトラックバック一覧です: 猫“八”が鳴く!:

« ファイト一発、売り飛ばそうぜ | トップページ | ドロドロとドロドロ »