« 2009年南部杯 テレビ中継 | トップページ | ドンキ、激安ジーンズ、長崎屋 »

島田亨曰く「ビジネスはスポーツだ、スポーツは商売だ」

新興球団、東北楽天ゴールデンイーグルスをクライマックスシリーズに導いた
名匠・野村克也監督が、島田亨オーナー兼球団社長から「今期での契約終了」を宣告され、
騒動になっている。

「関西出身選手の寄せ集め」とまで呼ばれた楽天イーグルスを
ここまで育てた野村氏。来期は優勝も、という希望も見えてきたこの時期に
なぜ「解任」するか、理由は不明。

「高齢だからな」、と本人も認めているものの、
いまの野村氏に体力の不安があるとは思えず、
CS前の解任劇に、当然ファンは猛反発している。

島田社長は発足年度に田尾安志監督をやはり解任し、
強力なサポーターの一人「さとう宗幸」に決別宣言をさせた「前科」もある。
(このときの決別宣言はのちに撤回)

楽天イーグルス発足時に、
三木谷氏と島田氏が盛岡で行った講演を聴く機会に預かったのだが、
島田氏は理念そっちのけで「球団ビジネス」「収益の上げ方」について、
熱く語っていたのを覚えている。

ああ、この人は野球がしたいのじゃなく、
「商売」がしたいんだな、と素朴に思った。

島田社長は田尾監督解任について、当時のインタビューで
いろいろ理由を述べている(日経BP)。
論理的に言葉を並べているが、最終的には「大急ぎ」、
つまり「田尾氏に与える時間はない」ことが理由だった、と。

実質オーナーである楽天の三木谷社長のモットーも、
「スピード!スピード!スピード!」。
人を蹴落とすためには何よりも決断力と反射神経である、と説いている。

商売もスポーツも「競争」だけど、
もう少し待ってあげてもいいシーンだってあると思う。

|

« 2009年南部杯 テレビ中継 | トップページ | ドンキ、激安ジーンズ、長崎屋 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島田亨曰く「ビジネスはスポーツだ、スポーツは商売だ」:

« 2009年南部杯 テレビ中継 | トップページ | ドンキ、激安ジーンズ、長崎屋 »