« 滝川クリステルはどこへ行く | トップページ | 吉本内憂外患 »

キングオブコント2009

TBS系で9月22日生放送。
司会はダウンタウン、進行はTBS出水麻衣アナウンサー。
2584組の出場者から選ばれた8組が決勝を競う。

ダウンタウンが生の進行に対し毒を吐きながら、終始場を温める。
そのため、M-1のようなピリピリした雰囲気はやや薄い。

審査方法。ファイナリスト8組が、1st、2ndの2回ずつコントを披露し、
セミファイナリスト100人の審査員が得点付け。
1000点満点で採点し、2回の合計点で競う。

コントのためセットや効果音は自由に使えるが、
今年は松本の意向により、書き割りはNGとなった。

昨年のチャンプ、バッファロー吾郎が時々登場し、
木村の小気味いいスベりがホットココアのような温かみを与える。

ファイナリスト8組は以下の通り。

東京03(人力舎)
人力舎きってのコント師3人組。
ラーメンズのように自己演出するほどの余裕はないが、
職人肌は折り紙付き。

ジャルジャル(吉本興業)
レッドシアター組。黒Tシャツでおなじみ。
若くして持ち上げられすぎの傾向もあるが、
実力のあるコンビ。

モンスターエンジン(吉本興業)
神様コントでのしあがり、怪物コントで盛り下がる。
工場ラップに仁鶴ソング。M-1ファイナリストでもある、
緩急自在な巧者二人組。

ロッチ(ワタナベエンターテインメント)
こちらもレッドシアター組。関西なのにナベプロ。
自動車事故ネタで知られるが実力はいかに。

天竺鼠(吉本興業)
2年連続のファイナリスト。未だに東京では知名度なく、
いかつい見た目で損をしている感じだが、
それが逆に生かせるか。

しずる(吉本興業)
またまたレッドシアター組。
はんにゃの陰に隠れてはいるが、
青春コントのトップランナー。

サンドウィッチマン(フラットファイブ)
伝説のM-1敗者復活チャンピオンが、
本来の得意分野、コントでも冠を狙う。

インパルス(吉本興業)
言わずと知れたはねトび組。
板倉の投げる速球を、堤下が力強く打ち返す。
ネタを作る時間がないと、板倉はうそぶくが…。

※吉本興業は正確には「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」

1stステージ。わたくしも点数をつけてみました。
3桁の数字が実際の審査員点数。

東京03(人力舎)
コンビニ強盗。豊本と角田はWボケ、飯塚はツッコミという普段のスタイルで。
大笑いするネタではないが、味はあった。
8点 835

ジャルジャル(吉本興業)
寿司屋のしりとり。客席の盛り上がりも味方につけた感じ。
しかし漫才的なネタに、審査員は味方せず。
8点 734

モンスターエンジン(吉本興業)
競馬実況の先輩後輩。笑いの入れ方はうまいと思うが、
中だるみがあり、設定の不自然さも気になった。
7点 771

ロッチ(ワタナベエンターテインメント)
取り調べ。素朴な設定なのに、
バランスよく笑いが差し込まれた良作だったと感じる。
8点 807

天竺鼠(吉本興業)
和やかに怒鳴り合う取引相手。
怒鳴り合う中に漂う柔和な雰囲気が絶妙。
傑作と思ったが、暫定5位に終わる。
8点 723

しずる(吉本興業)
仲良くなる悪者たち(?)。青春コントじゃないけど形になってた。
客席は盛り上がっていたが、大爆発はなかった感じ。
しかし審査員の点数はだいぶ高かった。意外。
7点 820

サンドウィッチマン(フラットファイブ)
ハンバーガーショップ。
凄いの一言。審査員の笑顔がそれを物語る。
富澤の大ボケ、伊達の小ボケが小気味いい。
9点 878

インパルス(吉本興業)
墓参り。板倉のボケが効かず、笑いが薄かったかな。
トリの利を生かせなかったのは惜しい。
7点 767

2ndステージ。1stで点数の低い順にネタを披露する。

天竺鼠(吉本興業)
老人同士のコンビニ店員と強盗。
シュールな味わいも残しつつ、ほのぼのあり、最後はブラック風味。
なかなかレベルが高かった。点数も比較的高かった。
8点 829

ジャルジャル(吉本興業)
野球部コント。煮え湯を飲まされた1st、どう盛り返すか気になったが、
全般的に中途半端な笑いで、オチもイマイチ。
7点。805
→僅差で2位に終わり、敗退。話を振られた「D.N,A,」のほうが目立つ結果に。

インパルス(吉本興業)
警察に駆け込む男。
客席よりも審査員が受けていたが、少々板倉ワールドが濃かったかな。
7点。868
→1stの不調を覆し、高得点を得て、満を持して1位に。

モンスターエンジン(吉本興業)
占いを受ける男と、落ち武者の守護霊。
オチまでの流れがモンエンらしくてよかった。
8点。855
→惜しくも9点差で2位。

ロッチ(ワタナベエンターテインメント)
カフェの店員選考。
客席は受けていたパターンだが、わかりにくいか。
7点。804
→3位に泣く。

しずる(吉本興業)
卓球の試合。お得意の青春コント。
「エッチしちゃった」というのが重たい感じがしたけど構成は上手かった。
8点。831
→インパルスをくだして1位に躍り出る。
 板倉、ショックで重いコメントしか出せず。

東京03(人力舎)
3人組のホテル宿泊。
角田・豊本の失恋に対し、飯塚がテンションを無理やり上げる構成は、
桂枝雀の名言「緊張と緩和」を思い出した。完璧。
9点。953
→衝撃の得点。しずるに137点差をつける。松本「ノーミスだった」とべた褒め。

サンドウィッチマン(フラットファイブ)
美容室。笑いをまんべんなく差し挟み、非常に上手い。
東京03の高い点数で引いてしまった雰囲気をどう変えるか。
9点。865

東京03が45点差で辛くも勝利。キングオブコント2009の座を獲得。
サンドも納得した表情。
並み居る吉本勢、関西勢を押しのけての頂上対決は見応え十分だった。

最終得点表

東京031788
サンドウィッチマン1743
しずる1651
インパルス1635
モンスターエンジン1626
ロッチ1611
天竺鼠1552
ジャルジャル1539

関西勢、吉本勢がそろって下位になるという象徴的な結果に。
審査員は関西勢が特に少ないというわけではなかったが…。
よもやサンド2冠、と思わせたが、
2ndで高得点を得た東京03の勢いは覆せず。

昨年のようなヘンな審査もなく、
見応えのある形式になっていたと思う。
なかなか面白かった。

今回チャンピオンの座に就いた東京03。
あおりVTRでは、ライブのチケットが即完売、というような持ち上げ方をしていたが、
その一方で、テレビ的な知名度はあまりなく、
「エンタの神様」に時折出演する程度で、
レギュラーは静岡ローカル番組や、ネットラジオなど地味な活動が多い。

ただ、全国ネット向きのキャラかどうかという点では
サンドウィッチマンを上回るとも感じる。
売れるきっかけを見失っていただけで。

中山功太やNON STYLEのようなギラついたところもない。
3人そろって「草食おじさん」的な雰囲気は、いかにも人力舎的で、
くりぃむしちゅーあたりにうまくハマるといい感じになりそう。

今後、テレビで見かける場面も増えると思われる。
もちろんライブも続けつつ、テレビでも頑張って欲しい。

|

« 滝川クリステルはどこへ行く | トップページ | 吉本内憂外患 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46285135

この記事へのトラックバック一覧です: キングオブコント2009:

» キングオブコント。ラーメンズ。伊集院光。 [お笑い原理主義]
『キングオブコント2009(C-1グランプリ)』の2代目王者にお笑いトリオの「東 [続きを読む]

受信: 2009.09.23 22:29

« 滝川クリステルはどこへ行く | トップページ | 吉本内憂外患 »