« 8月30日総選挙開票特番情報 | トップページ | 神の子 »

老舗放送局で傷害事件

IBC岩手放送(盛岡市)の営業部員3名が、
酒席で27歳の同僚の背中を傘で突いたり、踏みつけたりして
全治10日間のけがを負わせたとして逮捕された。
これを受け、社長は緊急記者会見を行った。

IBCは自ら、このことを報道しているが、
やはり、あまり核心には触れていない。

めんこいテレビは(リンク切れ注意)
「歓迎会の席」「ベルトで叩いた」
「ほかに6人社員がいたが誰も止めなかった」と伝えている。

酒の席だというのに、
10日間のけがをするほどドツくなんて、
相当な「やっつけ方」としか思えない。

しかも「営業部長」という要職にある人間が
それを止めなかったというのも妙な話だ。

27歳の若者相手の歓迎会なら、普通は「うい奴じゃ」と
酒の肴になって盛り上がりそうなものだ。
それがボコる相手になるとは。

めんこいテレビの報道では、3人の暴行を止めなかった6人は
「悪意でやっているようには見えなかった」と言っているという。
ふざけてペシペシやっているだけだろ、と思ったとでもいうのか。

いやぁ、傘で突いたり踏んづけたり、ベルトではたいたり、
度が過ぎる過ぎないくらい、大学生じゃないんだから分かるだろうに。
しかも放送局の社員が、だ。
「酒」の力による暴走もあったのだろうか。

被害者になんらかの非があったのかもしれないがよくは分からない。
何かが積もり積もっての後輩イジメも疑われるが、
テレビ岩手の報道によれば、日常のいじめはなかったという。

岩手朝日テレビによると(リンク切れ注意)
逮捕された3人の処分は未定とのこと。

いっぽう、IBCの阿部社長は会見で「進退も考える」としており、
局を揺るがす大事件に発展している。

(追記)産経新聞がだいぶ仔細を伝えている。

逮捕された営業部長は東部支社長から異動したばかり。
(現支社長の江幡平三郎・元アナウンサーの前任者ということになる)

事件は「被害者社員が大きな仕事を取ってきた」という背景があり、
2次会で雰囲気が「フィーバー的状態」となり、
暴行レベルの行為が行われてしまったようだ。

勘ぐるほどの裏事情はなく、
「バカな放送局員のアルコール過剰摂取」によるもの、と見てよいようだが、
暴行は暴行。同じ大トラでも、誰も傷つけなかった草なぎ剛よりたちが悪い。

現在は、営業部員9名のうち、被害者を含め4名を失う緊急事態となっているという。

(追記2)
福岡の人のブログ経由で知ったのだが、
どうも被害者はマイマイこと「石田麻衣」(元IBCアナウンサー)の夫らしい。
(2ちゃん見ないから知らなかったよ)

石田はブログで「微妙な時期なので…」と表現をぼかしつつも、
複雑な心境を吐露している。元職場で今も縁のある放送局で、
夫がこんなひどい目に…なんともお気の毒である。

|

« 8月30日総選挙開票特番情報 | トップページ | 神の子 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46019025

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗放送局で傷害事件:

« 8月30日総選挙開票特番情報 | トップページ | 神の子 »