« TBS、またも大なた… | トップページ | 増えすぎや、かっぱ寿司 »

肉体の叫びを聞け

DVDリアクションの殿堂を入手。

ダチョウ倶楽部と出川哲朗の「リアクション芸」を、有吉弘行がもて遊ぶという内容。
正直、これで4000円弱は高い。(笑)
AMAZONであれば実売3000円。

竜兵会の影の首領、デンジャラスの安田和博(ノッチのSPの人)が
多忙の合間を縫って構成を務めている。

導入部で有吉がぼそっと言うように「最近のテレビは規制が強くなり」
彼らのような体を張る芸人の活躍する場は減っている。

そんな彼らを、競技委員長に扮した有吉が、
「テレビではできない過酷な芸」(注:それほど過酷ではない)で
いたぶり続けることで、4人の芸の「本質」があぶり出されていくという趣向だ。

「世界浣腸陸上」
4人がイチジク浣腸をした状態で、
100メートル走、重量挙げなどに挑戦、ウンコを漏らしたら脱落。

「灼熱あみだくじ」
腹部に爆竹を巻き付けられた4人。
誰が爆破されるかを「炎のあみだくじ」が決める。
当然ながら、最後には全員爆破される。

「利きザリガニ」
ザリガニの魔術師・出川が、4種類のザリガニのはさみを当てる。
(もちろんはさませて)

「利きおでん」
太田プロ伝統の芸「おでん」を知り尽くした竜ちゃんが
食べずに具を当てる。

そしてラストの「ローションビストロS○AP」
大オチで心温まるカタストロフィが待っている。これは構成の勝利。

爆破後、頭に砂をかけるところをカメラに撮らせ、
「あざとさ」を笑いに持っていこうとする哲ちゃんの
「らしくないしたたかさ」はこのDVDならでは。

おでんのくだりで、モチのたれるきんちゃくをリーダーが手にすると、
竜ちゃんが「(俺の体に)モチをつけろ」と
こっそりささやくところもしっかり収録。

各競技の合間には「オフショット」と題し、
リアクション芸収録後人の「素」が堪能できる。
本番では見せない竜ちゃんのなめらかなしゃべりに注目。

「リアクション芸人の神髄とは何か」が
あますところなく理解できるハウツーとしても成立している。

まあそれを理解したとて、現役芸人ですら役には立たないが。

3000枚売れるとペイするらしい。
貴方も一枚どうですか。



|

« TBS、またも大なた… | トップページ | 増えすぎや、かっぱ寿司 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/46058076

この記事へのトラックバック一覧です: 肉体の叫びを聞け:

« TBS、またも大なた… | トップページ | 増えすぎや、かっぱ寿司 »