« 実況LIVEみちのく夏祭り | トップページ | テレビやってみました »

実録・広島ローカルタレント戦争

Jh01
「アグレッシブですけど、何か?」(広島ホームテレビ制作)
「ローカルMCサミットin広島」後編。3週待ったぞ。

ふじポンは正直、岩手では「MC」ではない気がする。
(「本筋でないところではしゃぐ」というイメージ)

Jh02
宮城、岩手、山口、愛媛、そして広島の5名が順に紹介される。
やはり宮城が先に来るのは、ご当地広島と同じく、
プロ野球とJリーグの球団がある政令指定都市を擁するアドバンテージか。
(こういうのをヒガミという)

カネの話をしている最中、「超大物ゲスト」という呼び込みで
モニター越しに登場するのは、
関西のカリスマ「タージン」。
Jh03
やや演出臭い音声トラブル。(あと画面処理がちょっとウザい)

彼が司会を務める大阪発の深夜番組が、
岩手でも放送されたことがあるのを知っている人は多分少なかろう。

Jh04
鍛え抜かれたフレームイン技術を惜しげもなく披露。
慣れない地名で苦戦しつつ、よどみないトークとともに
お店の中へ入るタージン。
イナカモノどもと和光プロの格の違いを見せつける。

Jh05
「ロケの神様」広島に降臨。

オッサンタレントを持ち上げておいて
「本当のファンはふじポンでございます」。
Jh06
腰の低さはまさに「関西の至宝」。

神様を迎えトーク再開。
「ライバル意識について」。

さっそくふじポンが、
宮城県民以外のトーホグ人が抱く最大の劣等感を口にする。
Jh07

それに答えるワッキー貝山。
Jh08
(「シップ」は余計だと思うがいいだろう)

Jh09
そのうちに「仙台はグレーの文化、東北もグレーの文化、
宮城はグレーの文化の主」と、
東北の盟主は宮城であることを三段論法で説明するワッキー。

Jh10
ふじポンは雰囲気を読む。
(ただ西日本の方々は福島県のポジションを多分分かってない)

ふじポンが宮城で仕事をしていることを口にすると
中・四国は「なんで県をまたいで仕事をするの?」。

Jh11
らくさぶろう「四国は向いている方向がバラバラ」。
徳島は関西のテレビを見、香川は岡山とテレビ電波が一緒。

Jh12
いっぽう、関西では、
タージン「京都・大阪・神戸は仲が悪い」。
みな同じに見えるが、そうでもないのだ。

「困った素人の扱い方」。
女性タレントは危険が多くないの?と聞かれふじポン。
Jh13
それはないって。

タージンはプライベートでメガネを取っていても、
素人のオバちゃんからの被害に遭う。
Jh14

そんなタージンがインタビューでオバちゃんをつかまえるテク。
Jh15
例えが古い。

さらなるタージンテク「自分の商店街を持つ」に対し、
スペース佐藤が地方の常識を口に。
Jh16
まあ東京や大阪でも商店街離れは進んでいるというが、
公共交通機関の発達…ま、やめとこか。

インタビュー場所つながりで、
ワッキー「伊達政宗像の前でインタビューしているところ見たことないですか?」。
Jh17
見たことないし、どこにあるかも知らない(笑)。
観光名所であって、地元の人はいないらしい。

「ローカル番組の未来」。
Jh18
切実な悩み。
しかし北海道にはとんでもない出世魚がいたではないか。

Jh19
「大泉洋」が成功例なのかと思えば、
ワッキー「えらいのは藤村さんだろう」。

北海道の話になり、ワッキー「タカアンドトシと仲良くてぇ」。
Jh20
タカトシとの苦労話トークを展開し、
さりげなく「吉本に関わっていた」ことをアピール。

最後に、全員でローカルタレントの神髄を語るはずが、
結局タージンがまとめて終わる。
Jh21
フリップは全員の前に置かれていたが、すべからくカット。
これぞローカル番組の神髄(笑)。

「ローカルMCサミットをレギュラーにしましょう」と
ワッキーがありがちな提案をすると…

Jh22
オチはふじポンでした。

編集のしかたかも知れないが、
前に出よう出ようとするワッキー貝山に対し、
引くべきところで引くタージンの「技」が目立った。

ロケの神様はスタジオの神様
(ほんとはスタジオではなくお好み焼き屋だが)であった。

前回指摘したとおり、
地域的に偏りのあるサミットであったが、
それこそ北海道は「大泉洋」で代表されてしまうし
(ギャラが高くて呼べないし)、
沖縄は「アクターズスクール=全国区」のイメージがあり、
名古屋や静岡は、安易に東京のタレントを呼ぶ傾向にある。

そう考えれば、今回の「東北・中四国+大阪のカリスマ」は的確だったかもしれない。

もし2回目があるのなら、東北以上に県をまたいだ活動が豊富な九州や、
タレントの田舎臭さでは一、二を争う青森・秋田の参戦
(これに勝てない岩手はふじポンを生んだ)が期待される。

さまざまなローカルタレントが、それぞれの地方で「土産土法」的に活動する姿は、
地方もまだまだ捨てたものではないことを示すかのよう。
ビバ、ローカルMC! 

※なんかワッキー貝山を悪者に仕立てようとしているかのごとき表現が目立つ本稿だが、
 そんなことはない。ただいろいろ気になっただけで(笑)
 (追記)ワッキーのルーツは岩手にあるらしい。(本人ブログに記述あり)

|

« 実況LIVEみちのく夏祭り | トップページ | テレビやってみました »

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/45855748

この記事へのトラックバック一覧です: 実録・広島ローカルタレント戦争:

« 実況LIVEみちのく夏祭り | トップページ | テレビやってみました »