« 真夜中のエレベーター~松崎しげる名曲撰 | トップページ | こんなところに料理の達人 »

バラエティはプロレス

ナンシー関の意外な無邪気さ」(死んだ目でダブルピース)。

自分はナンシー世代??ではないので、
「消しゴムで似顔絵を彫るブーデーのおばさん」程度の印象しかないのだが、
亡くなって5年以上経つ今でも、「テレビ批評の第一人者」として有名だ。

そんなナンシー関が「ヤラセを真に受けた文を書いていた」という。
むろん、分かってて書いていた可能性もある、というのだが…。

テレビバラエティ批評といえば、すぐ例に出してしまう「ヨイ★ナガメ」であるが、
この人も「ヤラセ」「演出」がない前提で感想を書いていることが多くて、
前々から気になっていた。

たとえば「イロモネア」にしても、
客席審査が完全ガチかどうか怪しいと思うのだが、
この人はとりあえずガチンコという前提のもと、論評している。

いやいや、どう見たって演出してるでしょう、と考え出すと
何が面白くて何が笑えないのか、分からなくなりそうになる。

「死んだ目でダブルピース」はひとつの「解」を出している。
『プロレス』。

分かっていながら、その世界にどっぷり浸ることができて初めて、
堪能することができる、という例えにプロレスを出している。

ナンシー関もプロレスファンだったのだそうで、
プロレス同様、テレビも『様式』含めて楽しんで、
批評していたのではないか、と。
(そういえば「ヨイ☆ナガメ」氏も格闘技には詳しいようだ)

確かに、テレビを見ていて「これって演出だもんな」と
冷めながら見るテレビはどこかつまらない。

「素直」である必要はないけれども、
大上段に構えても、面白いものが面白くなくなるだけなのだろう。

しかしそうはいっても「これって演出だもんなぁ~」と
思いながら見てしまう「習慣」はそうそう変えられない。
邪念を振り払えないのだ。

「テレビを見る達人」は、「無の境地」に達しているのかもしれない。

…テレビを見る達人になる必要があるかどうかは別として。

|

« 真夜中のエレベーター~松崎しげる名曲撰 | トップページ | こんなところに料理の達人 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/45677135

この記事へのトラックバック一覧です: バラエティはプロレス:

« 真夜中のエレベーター~松崎しげる名曲撰 | トップページ | こんなところに料理の達人 »