« ドーンとでっかい、ヤマダ電機新盛岡店 | トップページ | 親をアホウと書くアホウ »

扇町の悲劇の悲劇

中田カウスに「脅迫文」を送りつけていたのは「前田五郎」か…(スポニチ)。
全国的にはあまり知られていないタレントだが、
アホの坂田こと坂田利夫との漫才「コメディNo.1」として、関西では知られている。

普段からカウスと前田は仲が悪く、
カウスが「吉本お家騒動」に巻き込まれたのに乗じて、嫌がらせをしたと見られているが、
この前田についておもしろい?現象が起こった。

当ブログでも何度も取り上げた「社会人が仕事もそっちのけでTVにRADIO」の
アクセスが大爆発したらしい。(同著者「ヨイ★ナガメ」)

もちろん前田五郎のことについてなのだが、
別に彼の筆跡がわかるわけではない。
「性格」が如実に出ているシーンが描かれているのだ。

キーワードは「前田五郎 扇町の悲劇」。
いまや名物となっている関西テレビ・年末の吉本番組「100人祭り」である。

アクセスが上がった記事は、これこそ伝説ともいえる
「KYの西川のりお、本番中にサバンナ高橋にブチ切れして、
師匠・西川きよしに叱られる」の場面をハイライトとして取り上げているのだが、
今回の主役は前田。

番組の趣旨を理解しようともせず、
「質問がつまらない」とふてくされているのである。

全国的にはほとんど知られていない前田について、
「前田五郎ってこんな人」というのがよくわかる、
ということで2ちゃんなどでURLが紹介され、
さらには2年前の記事のアクセス増で、
ライブドアのカテゴリランキングで1位に輝いたそうである。

で、実は当「ANNEX」にも「扇町の悲劇」で2000ほどアクセスがあった
たいしたことは書いていないのだが。

前田五郎は「引退だ」とマスコミから書き立てられ、
記者会見を開いたカウスは笑えないジョークを飛ばし(産経)、
「吉本の悲劇」は続く。

|

« ドーンとでっかい、ヤマダ電機新盛岡店 | トップページ | 親をアホウと書くアホウ »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/45142805

この記事へのトラックバック一覧です: 扇町の悲劇の悲劇:

« ドーンとでっかい、ヤマダ電機新盛岡店 | トップページ | 親をアホウと書くアホウ »