« しあわせカモン | トップページ | 二酸化炭素に包まれて »

ブログ芸人・藤井宏和の悲劇

「オンエアバトル」などで知られる「飛石連休」・藤井宏和の
ご当地名物レトルトカレーブログが「ココログニュース」で紹介されている。

藤井は他にも映画ブログを展開。
通常ブログの他に趣味ブログを2つ掛け持ちし、「ブログ芸人」ぶりを発揮している。

まあ同時にそれは彼が芸人として暇をもてあましていることの証左に他ならないのだが。

そして悲しいかな、彼の事務所は「サンミュージック」。
吉本なら、ブログ芸人の括りで、
「アメトーーク!」とか「ジャイケルマクソン」とかに出してもらえるのに。
NSC出身なのだが、道を間違えて四谷の事務所の門をくぐったのが運の尽き。

そういえば、藤井がもともとやっていたのは「お笑い界漂流日誌」という
ブログではないHTML形式の日記。
これは「飛石連休」結成前からシコシコ書きためているもので、
ブログではないため、まとめて書いてアップしている。

別に本編ブログもあるんだし、アップもブログの方が楽だし、
こんなHTML日記やめちゃえば、と思うんだが、
微妙にゆがんでいる「日付変更線」の横棒ひとつとっても、彼なりにこだわりがあるんだろう。

ココログニュースでも紹介されているが、暇なのをいいことに猛勉強し、
「気象予報士」を取得。
しかしそれ関係の仕事は、友人の編集者を通じての雑誌連載一本のみ、という悲しい状況。
(なにしろ気象予報士は局アナレベルでもごまんといるし、
芸人気象予報士なら「カラテカ矢部」のほうが使いやすいし)

先も言ったように事務所はサンミュージック。
小島よしお、髭男爵、鳥居みゆきといった売れっ子が続々輩出される中、
飛石連休は売れかけるところまで行って、お笑いブームの波に乗れず、
そのまま波打ち際で遊んでいる状態。

藤井はロックミュージックへの造詣が深いこともあって、ラジオの仕事を持っているが、
テレビでは一時期ほどの露出は減っている。
ほかは、GYAOでの鳥居みゆきの操縦役という、
平たく言えば「後輩のバーター」仕事が目立つくらい。

数少ないレギュラーでは、東北ではおなじみだった「ビバビバパラダイス」。
売れない頃の小島、売れた後の鳥居も引っ張りだし、
番組後期では藤井が構成作家を兼務するなど、
藤井宏和の可能性の拡がりを感じさせたが、
スポンサーの不景気で昨年あっけなく終了してしまった。

また藤井はカンニング竹山と同じく、竜兵会に所属しているが、
ダチョウと同じ太田プロではないので「客演状態」となっており、
やはり「アメトーーク!」には出してもらえない。

「前の彼女がクワバタオハラのくわばた」という最後の引き出しもあるが、
相手は大手のホリプロ、使おうにも使えないネタ
(ただ相手が結婚してしまったので、以前よりは使いやすいかもしれない)。

新ネタ「藤井ペイジ!」も微妙な雰囲気を醸し出し、
(著作権の関係もあって、テレビで披露するのは難しそう)
彼の行く末には明るい光どころか、薄曇りが立ちこめる。
今後の降水確率を、藤井は予想しているのか。

年齢的にもアラフォー付近。
こっそり応援し続けたい芸人の一人ではある。

# 相方の岩見は趣味も特技も積極性もほとんどなさそう。藤井よりも心配。

|

« しあわせカモン | トップページ | 二酸化炭素に包まれて »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ビバビバパラダイス」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/44904449

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ芸人・藤井宏和の悲劇:

« しあわせカモン | トップページ | 二酸化炭素に包まれて »