« 日経新聞のローカルCM | トップページ | 幸福坊主 »

セシールが消える?

4年前に「ライブドア、セシールを買収」と書いたが、
まさかこうなるとは。

岡山市の通販業セシールを、フジテレビの持ち株会社、
フジメディアホールディングスがTOBで買収することとなった。(毎日
同社は、子会社の通販業「ディノス」とセシールを合併させ、
本業である放送での売り上げ減少のカバーを目指す。

まだ確定はしていないものの、
セシールとディノスが合併する場合、
おそらくフジ直系であるディノスを残すと思われる。

ブランドとしても「フジテレビのディノス」というイメージは強く、
CMや、通販番組などで知名度も高い。
一方のセシールは、CMでも知られ、知名度自体はディノス以上と思われるが、
所詮、香川県のローカル企業。

フジとは直接関係ない部門としての「セシール」は残るかもしれないが、
いずれ、セシールとディノスをフジテレビが天秤にかけたら、
ディノスを残すことだろう。
当のセシールも赤字とのこと。(時事

因縁というわけでもないだろうが、
セシールは、かつてフジテレビに大きな打撃を与えた旧ライブドア(現LDH)の子会社。

マネーゲームだ、投資だ、若者と年寄りの戦いだ、と
さんざん騒がれたフジテレビVSライブドアも、
堀江元代表の逮捕ですっかり沈静化。

あれだけ叫ばれた「通信と放送の融合」も、
放送側の抵抗でうまくいかず、ライバル楽天もTBSの子会社化に失敗している。

そのうちに放送というビジネスモデルに綻びが出始め、
そして今回の『フジテレビによるセシール買収』につながるわけだ。

現在LDHは子会社の整理を進めていて、
セシールを売却することでいよいよ子会社はライブドア一つになる。

残念なのは、セシールが消滅することになると、
あの「♪セシール~ポワ~ン…イノーン・コサン・シオンセ・コメヌーン(適当)」
というサウンドロゴがなくなってしまうであろうこと。
(一説には大野雄二の作と言われているが)

これだけ人口に膾炙したものは、残して欲しい気もするが、
経済はしょせん、水物。

バブリーな雰囲気の中で「自称IT企業」に買収され、
結局は身売りまで決められる。
セシールの経営陣は忸怩たる思いであろう。

|

« 日経新聞のローカルCM | トップページ | 幸福坊主 »

「ニュース」カテゴリの記事

「大野雄二」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/45017405

この記事へのトラックバック一覧です: セシールが消える?:

« 日経新聞のローカルCM | トップページ | 幸福坊主 »