« スマッパダカ | トップページ | がっちりゼンラー »

草なぎ「容疑者」のインパクト

結局、昨日のテレビはずっと草彅剛(草なぎ剛)の話題で持ちきりだった。

都会のなんでもないエピソードに過ぎないはずだった。
「SMAPのメンバー」でなかったら、だが…。

冒頭からこのニュースを伝えたのはNHK「ニュースウォッチ9」。
「ブラックアウト」という物々しい言葉で草なぎの症状を医者が解説。
何のことはない、「飲み過ぎで記憶がなくなる」というだけのことなのだが(笑)

いっぽう、こんな大ニュースを差し置いて、
延々「北京でH&Mとユニクロが火花」なんていう
ヒマネタに近い経済ニュースを「報ステ」で流し続けたテレ朝。
草なぎの話題は「大阪で女児殺される」の次だった。

そんなテレ朝も被害は大きく、草なぎが出ていた、
長寿バラエティ「ぷっすま」の存続が瀬戸際に立たされているほか、
「クレヨンしんちゃん」の映画版エピソードを実写化した時代映画「BALLAD」も
9月公開の公開をどうするか検討し始めている。

地デジ、洗剤、車のリース、公共広告…
草なぎの出ていた様々なCMがすべて打ち切りの方向。
総務省の鳩山大臣も会見でプンスカ怒ってみせた。
(鳩山事務所は、逆襲の電凸を受けてしまったようだが)

ジャニーズ事務所は、白髪の「総務」と名乗る男性が
記者たちに謝罪文を読み上げて見せたが、
CM契約打ち切りや番組出演自粛でこうむる損害額は計り知れない。

「ぷっすま」では、草なぎが(おそらくガチで)グビグビ酒を飲み、
顔色一つ変えない様子が頻繁に放送されていた。

「ニュースウォッチ9」によれば、「ザル」の人が「ブラックアウト」、
つまり「飲み過ぎ」に陥りやすいという。
しかし、度が過ぎるともしかしたら生命の危険すらあったかもしれないのだ。
繰り返し容疑者呼ばわりされ、皆に迷惑もかけてしまったが、
「命あっての物種」ではないか。

よく考えれば、たいした犯罪でもない。
酔っぱらって、マイ・サンを大気に触れさせただけのこと。
迷惑がかかったのは、夜中に大声を出されて、寝れなかった人たちくらい。
人をあやめたり、変な薬物を使ったり、詐欺を働いたりなんて大犯罪と比べたら、
シオシオな罪状ではないか。

挽回させたらいい。
ただし、酒は控えた方がよさそうだが…。

|

« スマッパダカ | トップページ | がっちりゼンラー »

「ニュース」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/44776580

この記事へのトラックバック一覧です: 草なぎ「容疑者」のインパクト:

« スマッパダカ | トップページ | がっちりゼンラー »