« 大阪のカリスマ番組、突如打ち切り | トップページ | 「大物」が去る »

反省する前に攻勢するイオン

全面真っ赤な一面広告「イオンの反省」を
各紙に載せたイオングループ。
きのうの記者会見でも、岡田元也が「きょうは反省会だ」と怪気炎を上げた。

先日、大規模な値下げをぶちあげたイトーヨーカドーに対抗したのだろう。

しかし、それどころじゃない記事が岩手日報に載った。
「イオン盛岡市4店目を計画」。

場所は本宮。いわゆる「盛南開発」「ゆいとぴあ」のエリアの中。
盛岡市が、市役所移転を当て込んで、
カネがないといって断念した区域である。

結局、いまも空き地の場所をイオンが使うという話、
市としては渡りに舟のはずなのだが、
市の商工観光部次長は「中心市街地に影響が…」と苦い顔。

大通り商店街組合の「おヒゲさん」こと吉田理事長も
「これまでもイオンは中心市街地に影響を与えてきている。
この計画には反対だ」と、またまたおかんむり。
自分の店は県内外のイオンに出店しているのにねぇ

今回のSCはイオンリテールが計画している。

イオンは複数のディベロッパーを持っていて、
前潟の「イオンモール」、
盛岡南の「イオンリテール」、
渋民の「イオンスーパーセンター」、
さらに北上には「ロック開発」の店もある。

今回は「イオンリテール」が計画しているが
500メートル先の「盛岡南SC」は同じイオンリテールが運営。
縄張り争いの様相である。

これだけ景気も悪いこの時期に、ようやるなぁ、と
イオンに対しては逆に感心すらしてしまう。

おヒゲのハンコ屋さんがカンカンになるのはわかるのだが、
じゃああの空き地に何か誘致できる人がいるだろうか。

すぐ近所で、ホテルが建設途中で工事がストップして
廃墟みたいになっているのに、誰も手も足も出ない現状を鑑みれば、
かえって「よくやった!」と快哉してもいいくらい。

いくら大通り商店街が「郊外に行かないでウチに来てくれ!」と叫んでも、
通るたびに飲み屋が増えていく現状では、説得力はない。

いまさら市のお役人様と手を携えつつ、
イオンがよぉ、郊外がよぉ、とグチグチぼやく姿は、みじめにすら見える。
(まあ、全国で同じ状況が繰り広げられておるわけですが)

ただ、である。
イオン4店目は多すぎないか?
イオン盛岡南は500メートル先、車で10分も走ればイオンモールもある。

もうイオンは要らない、というのが盛岡市民の正直な思いではないか。
そろそろイトーヨーカドーあたりが手を挙げてもいいと思っていたのだが…。

実際このショッピングセンターができるかどうかはまだなんとも分からないけど、
もうイオンじゃなくてもいいんじゃないかな、と思っている人の数を
イオンは調べてくれてもいいんじゃないの?
その結果次第で、他チェーンが来るかどうかは別として。(笑)

|

« 大阪のカリスマ番組、突如打ち切り | トップページ | 「大物」が去る »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/44395715

この記事へのトラックバック一覧です: 反省する前に攻勢するイオン:

« 大阪のカリスマ番組、突如打ち切り | トップページ | 「大物」が去る »