« アナログ表示開始&IATウォーターマーク開始 | トップページ | 映画館通りはどうなるでがんすか »

老舗の意地

ジャストシステムから「一太郎」のアップグレードのお知らせが来た。

10年以上前に「一太郎+Lotus1-2-3プリインストール」のパソコンを買って以来である。
すでにLotus1-2-3との縁は切れたが(笑)、
一太郎とは腐れ縁が続いている。

…正確には「ATOK」とだが。

ATOK欲しさに、ワープロも使うかなぁと思いつつ
「一太郎」を買うのだが(最近はダウンロード)、
残念ながら一太郎は全く使わない。

そろそろATOK単体版を買おうかな…と思っている。

本日届いた一太郎のパンフもよく考えていて、ATOK単体版の価格表示がなく、
ATOKだけで買わせないようにし向けている。
ある意味商売上手とは思うけれど。

ところで、ジャストシステムといえばドローソフト「花子」(←いまちょっと欲しい)、
表計算「三四郎」も根気強く新バージョンをリリースし続けているが、
実はプレゼンソフトも出していたことを知った。
「Agree」というらしい。

パワポがデファクトスタンダードなんだから抵抗しなくていいじゃん、と思うが、
ジャストも意地があるのだろう。

「JustSuite」というオフィススイートパッケージのラインナップに加えられているのだが、
ジャストのソフトは、一太郎同様、ドロップダウンなどが独特のデザインになっている。
共通するインターフェイスを持たせることで、「ジャスト派」を守りたいのであろう。

惜しいのは、「Agree」のその名前。
なんでジャストシステム伝統の「和風の名前」にしないのかな。
一太郎、花子、三四郎、Shuriken(メールソフト)…。

「宣次郎」「伝之助」とかにすりゃいいのに。
ダサいと言われても、ジャスト派は喜んで食いつくと思うのだが…(そんなに甘くないか?)

ここによると「Agree」は韓国産のソフトをローカライズしたものらしい。
道理で和風の名前がつけれない訳か。

※ その昔はジャストもブラウザを作ってたね。でも名前が「JustView」だった。
 「網太」「航助」とかにすればもうちょっと普及したかも知れないね。

|

« アナログ表示開始&IATウォーターマーク開始 | トップページ | 映画館通りはどうなるでがんすか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/43733599

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗の意地:

« アナログ表示開始&IATウォーターマーク開始 | トップページ | 映画館通りはどうなるでがんすか »