« 三十路ふじポン | トップページ | 百貨店の冬 »

盛岡の本屋

TOKYO REVIEW SHOW」という岩手に在住していたことがある方のブログに、
盛岡市内の大型書店について書かれている。
MOSSビル・ジュンク堂開店前の記事である。

ジュンク堂が開店したら、(第一書店が段階的に死を迎えたように)
さわや書店も危ないのでは、と危惧したものである。

さわやの別館として隣で営業していた
児童書・マンガ部門「Momo」はこの頃閉鎖を決めており、
担当者も、イオン盛岡(前潟イオン)の「未来屋書店」に敗北したことを認めている。

Momoがキャバクラ案内所になってしまったのは残念だが、
さわや書店は今も健在である。
というわけで併存できているのだ。

盛岡のジュンク堂は本好きにはたまらない規模ではあるが、
あまりにも大きすぎて、気軽には入れない。
なにしろ一回入店したら、自分のように本を読まない人でも
30分くらいは時間をつぶせるくらいだ。

いっぽうのさわやは「適性」な大きさといえる。
「町の本屋」ほど小さくもなく、
かといってジュンク堂ほど巨大でもない。
大通りを歩いていて、冷やかし程度にさっと入るにはちょうどいい
(大通りに用があるかは別として)。

雑誌類はやや心もとない気もするが、その分一般書籍は品揃えがよい。
2階の漫画&専門書・テキスト売り場も充実していると思う。
そしてその上にはあの「柳家」もあるし(行ったことないけど)。

お分かりの通りのテレビっ子なんで威張れたことは言えないのだが、
イオンの未来屋は品揃えがダメ、というのも分かる気もする。
一見なんでも置いてそうだが、
刊行1年以内の売れ筋書籍、雑誌やムック、マンガが前面に出ていて、
明らかに「ついで買い」「ひまつぶし」狙いのラインナップだからだ。

ただ「TOKYO REVIEW SHOW」が指摘するとおり、児童書のウェイトが大きい。未来屋全体で児童書売上全国5位もうなずける。
何しろ、家族がクルマで乗り付けてくるショッピングセンターに入店しているわけだから。

未来屋書店は言うまでもなくイオングループ。
しかし、イオン盛岡南(サティのある方)では
未来屋をおしのけて、肴町の東山堂書店が支店を出した。
むろん、未来屋のような「素人好み」なチョイスでないことは言うまでもない。

おそらく東山堂は盛岡駅前のマックスバリュへのテナント入りで
イオンとの良好な関係性を築いたのだろうが、
地方書店としては快挙だろう。

東山堂といえばサンビル2階の大型店が象徴的だったが、
まるごと盛岡南イオンに移動したと考えると、
やはり車社会、郊外化はいやおうなしという事実を実感する。

郊外といえば意外に盲点なのは「エムズ書店」。みたけのアルテマルカンの隣。
(「TOKYO REVIEW SHOW」では触れていない)
ここは売り場面積もかなり広く、書籍の数も充実している。
(そしてこっそり、マルカングループのポイントカードが使える!)
車で乗り付けていきやすく(駐車場がやや不足気味なのがみたけマルカンの弱点だが)、
暇つぶしにもちょうどよい。郊外に立地する良さである。

ただ、MOSSビルのジュンク堂書店も文句なく広い。
そして全国規模の書籍販売店として磨かれた品揃えの良さがある。
この規模の書店が盛岡の街中にあることは歓迎すべきだろう。

惜しむらくは、仙台のように「駅前」の立地ではないことだろうか。
盛岡を訪れた人がふらりと立ち寄るようなロケーションなら、
「盛岡スゲーな」という宣伝効果になるのだけど、
あいにく盛岡駅前はそういう商業集積ができていない
(その代わり、盛岡駅内にはさわやが比較的大きな面積で入居しているが)。

いずれ、「盛岡市民は本が好き」なことを大手資本が認めて進出したわけだし、
そして2年経過して、ジュンク堂もさわやも東山堂も
(いろいろあることはあるが)なんとか併存できている。
郊外にも大きな本屋が林立しているのにもかかわらずだ。

よし、一冊買ってこようか。
どこの店で買うかは決めてませんけど。

|

« 三十路ふじポン | トップページ | 百貨店の冬 »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

郊外にある東山堂ってけっこう遅くまでやってるんですねぇ。

投稿: たかはし | 2009.01.26 21:59

私はいつも仕事の帰りが遅くなってしまうので、本を買うときは東山堂をよく利用してます。
23時まで営業してるのって地味に助かりますね。

投稿: ホウス | 2009.01.26 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/43838640

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡の本屋:

« 三十路ふじポン | トップページ | 百貨店の冬 »