« 映画館通りはどうなるでがんすか | トップページ | DECADE »

日本テレビ、帯番組でバラエティ

日本テレビの平日19時台ベルト番組は「バラエティ」―。(スポーツ報知

4月からの改編の目玉といわれる企画である。
TBSも同様に18~20時台で帯番組の編成を表明しているが、
こちらは「報道」であることが確定している。

日本テレビも報道・ニュースではないかと見られていたが
一転、これまで通りのバラエティとなった。

キャストも既に決まっていて、爆笑問題、くりぃむしちゅー、ウエンツ瑛士、
えなりかずき、辛坊治郎・よみうりテレビ解説委員(元アナウンサー)
といったところが確定している。内容は日替わりとなる。

ポイントは「生放送」であること。
なぜこんな企画をぶちあげるかといえば「経費削減」以外の何者でもないからだ。
生放送なら、収録番組より制作費も時間もかからない。

コンセプトは「今の日本を知る」だそうで、情報番組要素も加わるようだ。
「ズームインSUPER」「ウェークアップ!」でおなじみ、辛坊の起用からも見て取れる。

なお、同時間帯で好調な番組は当然時間帯移動となり、
「ゴチになります」でおなじみ金曜「ぐるぐるナインティナイン」(ぐるナイ)は木曜20時、
「ダーツの旅」などで知られる水曜「笑ってコラえて」は同じく水曜の20時にスライド。

日テレのこの時間帯では、故・青島幸男の「追跡」が思い出される。
こちらは「はじめてのおつかい」でまずまずの成功を見せた。
ただ、ベルトのバラエティといえばTBS「ムーブ!」の失敗が思い出されるところ。

そのTBSは報道番組となるが、やはり「ニュースコープ」が
一時19時20分までの放送だったことがある。
これも定着せずに終わったと記憶している。

TBSにしても目的は「経費削減」。
テレビ局は、未曾有の景気悪化、そしてテレビ離れという爆弾も抱えている。
フジ、テレ朝、テレ東も似たような手法で追随する可能性もある
(事実、BSフジは19~20時台を報道にする計画を明らかにしている(文化通信))。

もはやテレビ局が金をジャブジャブ使える時代ではない。
できる範囲で…といったところだろう。

覇権を誇ったテレビの哀しい姿と嗤うか、
新しいテレビを模索していく姿にエールを送るか。

|

« 映画館通りはどうなるでがんすか | トップページ | DECADE »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/43786845

この記事へのトラックバック一覧です: 日本テレビ、帯番組でバラエティ:

« 映画館通りはどうなるでがんすか | トップページ | DECADE »