« 日本テレビ、帯番組でバラエティ | トップページ | やっちまったな、タッソ君 »

DECADE

また華原朋美が騒動を起こした。(毎日新聞
錦糸町駅前で夜中にタクシーを捕まえ、
その運転手が華原を交番に引き渡した。

「客の意識がもうろうとしている」。
調べてみればあの華原朋美。
睡眠薬を大量に飲んだと見られている。

彼女が起こした騒動は10年前にさかのぼる。
ちょうどこの頃、恋人でもあった小室哲哉との別れが報じられているが、
ガス漏れ事故を起こし、ガス中毒で病院に運ばれる。
一度は「焼きそばを作っていて失敗した」と釈明したものの、
その後、うつろな目で記者会見を行い、「やっぱりか」と世間を驚かせた。

その後小室の手を離れ、独り立ち。
独特の甘えたようなしゃべり方もやめ、女優としても活動を開始。
和田アキ子らとも親交を深め、タレントとして一本立ちしたかに見えた。

しかし突如ドタキャン騒動を起こす。
事務所から契約を解除され、復帰するしないで大揉めに。

そして芸能界からフェードアウト。
最近は、表舞台から消えていた。

昨年には、恋人だった小室が詐欺の疑いで逮捕される。
自宅マンションに押しかけたテレビカメラから華原が身を隠す姿が撮られている。

なぜ彼女はこうやって不幸になろうとするのか。
小室にまだ未練があるのだろうか。

しかし小室にはすでに「恋女房」KEIKO(KCO)がいる。
小室が事業失敗に加え、華原の後に交際した前妻(この人もまた、
小室がプロデュースした女性シンガーである)への
慰謝料払いで首も回らなくなり、稚拙な詐欺を働いて捕まってもなお、
収監されても待ち続ける、と言っている。

華原は小室に対して思い悩む必要はもはやない。
ほかに理由があるとでもいうのか。それとも、やはり…。

彼女は、回りが用意してくれた「芸能界への復帰の道」を
自ら閉ざし、さらに自分の命すら乱暴に扱っている。
10年間彼女が抱いているであろう心の闇を、誰か晴らしてあげられないものだろうか。

|

« 日本テレビ、帯番組でバラエティ | トップページ | やっちまったな、タッソ君 »

「ニュース」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/43792243

この記事へのトラックバック一覧です: DECADE:

« 日本テレビ、帯番組でバラエティ | トップページ | やっちまったな、タッソ君 »