« カウントダウンなき年越し | トップページ | 和魂洋顔 »

主役はもう一人いた

東京証券取引所の大納会に「オグシオ」がゲストとして呼ばれたことを各局が報じている。
バドミントンの小椋久美子、潮田玲子である。
「今年はいい年になりました」と語った一方で、
不景気に伴う企業スポーツの弱体化を懸念するコメントもしていた。

実はこの大納会にはもう一人のゲストがいた。
BSジャパンでテレビ東京「E-Morning」の大納会の生中継映像を見ていたが、
車いすで挨拶している男性がいたので気になった。

調べてみたら、パラリンピック競泳50m金メダリストの鈴木孝幸だそうだ。

オグシオ「解散」前ということもあり、
新聞でも鈴木についてはオグシオの付け足しのように報じているところが多い。
テレビは推して知るべし、である。

そもそもパラリンピックで日本の水泳選手が金メダルを獲得していたことすら知らなかったが、
鈴木も今年を象徴する大事なゲストのはずだが…。

|

« カウントダウンなき年越し | トップページ | 和魂洋顔 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/43584649

この記事へのトラックバック一覧です: 主役はもう一人いた:

« カウントダウンなき年越し | トップページ | 和魂洋顔 »