« ああ、寒い | トップページ | 芸能界バリバリ伝説 »

「嫌煙ブームにもの申す」ため立ち上がった人々

二戸市の市議会議員有志が、
葉タバコ生産日本一の街をアピールすべく、
「愛煙会」を結成。(岩手日報

会長の鈴木忠幸市議は「禁煙の半強制はいかがなものか」
「生産振興に向け活動していく」「喫煙の権利を守る」と意気込んでいる。

時代遅れなオジサンたちだね、と一笑に付したいところであるが、
たばこ税は税収に直結する問題であり、生産農家達の立場も考えると、
なんとも複雑な思いがする。

とはいえ、禁煙への流れは世界的に進んでおり、
この「愛煙会」はそんな主流派にストップをかけようとする「抵抗勢力」でしかない。

いちおう愛煙会側は、タバコのアピールだけでなく、
喫煙者にマナー遵守を呼びかける運動もしていくというが、
タバコ喫みにモラルを守れ、なんて押しつけるのは無理な話ではないのか。

気兼ねなく、気軽に吸って、気軽に捨てるからたばこはうまいのであって、
人に遠慮しながら、せせこましく吸うたばこがうまいのか?

…と、やっぱり吸わざる立場の物言いになってしまうのであるが。

|

« ああ、寒い | トップページ | 芸能界バリバリ伝説 »

岩手県」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42647406

この記事へのトラックバック一覧です: 「嫌煙ブームにもの申す」ため立ち上がった人々:

« ああ、寒い | トップページ | 芸能界バリバリ伝説 »