« 夏の終わりにザ・対決? | トップページ | 大野雄二のブログ »

カリスマ芸能レポーターと、日本の芸能界

芸能レポーターの草分け、梨元勝はいま、携帯サイトで活躍中。
infoseekニュース、J-CAST

加護亜依の独占インタビューに成功した件で、J-CASTが梨元に逆インタビュー。

「恐縮です」という低姿勢なセリフで知られる梨元。
取材対象に果敢に食らいつくしたたかさで芸能リポーターの代表格にのしあがった。

しかし、数年前にキー局のレギュラーを失い、
いまや「梨元はテレビから捨てられた」、と口さのない連中から言われている。
それでも当のご本人は「こっちから捨てたんだ!」と意気軒昂。

「ジャニーズのことをちょっと言っただけで(ワイドショーの)プロデューサーがビビるんだ」。

数年前の、SMAP稲垣吾郎の交通事故
(交通違反切符を切ろうとした女性警官から逃げようとして車で警官に接触した
いわゆる「稲垣メンバー事件」)は記憶に新しい。

梨元は当時契約していたテレビ朝日の番組でこのことを取り上げようとしたが、
「この事件を報道したいのに、局の上層部からストップがかかった」として
一時番組降板騒動を起こしている。

梨元とジャニーズの争いは、根深い。

強権政治を敷くジャニーズ事務所。
テレビやスポーツ紙でジャニーズのスキャンダル、見たことがありますか?

ジャニーズの記事を取り上げようとすれば、ジャニーズ事務所は
「もうおたくには一切取材させない」
「おたくのドラマに、ウチのタレントを出さないよ」と圧力をかけてくる。

…実際にはかけない。
圧力がかからなくてもTV局や新聞社は分かっているから、最初から報道しないのだ。
梨元が言う「プロデューサーがビビる」とはこのことである。
腰が引けてしまうのだ。

日本のマスコミの大部分は、「ジャニーズ事務所の腰巾着」そのものである。
だからジャニーズの醜聞を書くのは、一部週刊誌や女性誌に限られるのである。

ほかにもナベプロや吉本興業、ライジングといった、情報操作に長ける大手事務所は
所属タレントの醜聞にかん口令を敷くのは得意中の得意。

そのくせ、弱小事務所のタレントは叩き放題。
たとえば、中村獅童のバッシング報道は、
獅童の事務所が小さかったから、という話も聞いたことがある。

そんな芸能界の悪しき慣習に対し、梨元は孤軍奮闘している、というわけだ。

記者会見に頼り、タレントのブログをなぞるだけ。
自らが愛したワイドショーの堕落ぶりに、
「ワイドショーはいったん解体せよ」と鼻息も荒い。

さらに、「芸能界とズブズブのキー局にどっぷりつかるのはもう無理」とし、
地方局やBS(梨本が言うのは非キー局系のWOWOWやBS11等のことであろう)に
関わっていきたい、としている。

今現在は携帯サイトや、「オーマイニュース」への動画提供などで
「カリスマレポーター」ぶりを遺憾なく発揮している。
キー局から消えたと思われていた梨元だが、
インターネットで活路を見いだしていたのだ。

一時期、「ネットでワイドショー立ち上げ」などと話題になったが、
目論見通りには行っていない様子もうかがえ、
あれこれ妨害に遭っているんだろうなぁ、と容易に想像がつく。

それでもなお、果敢に情報を伝える方法を探る梨元。
ジャーナリスト精神は未だ健在であった。

#ところで、タレントになったはずの娘さんはお元気なんでしょうか?

|

« 夏の終わりにザ・対決? | トップページ | 大野雄二のブログ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42208850

この記事へのトラックバック一覧です: カリスマ芸能レポーターと、日本の芸能界:

« 夏の終わりにザ・対決? | トップページ | 大野雄二のブログ »