« セブン-イレブン盛岡地区開店詳報その2 | トップページ | 日々変わりゆく「ビバパラ」 »

昭和は遠くなりにけり

漫画家・赤塚不二夫が死去。72歳。(朝日新聞
ちばてつやブログによると肺炎を起こしたのだという。

毎日新聞の記者は美化して書いているが、長い間赤塚が植物状態にあったことは既知の事実。
意識のないままに黄泉へ旅立ったようである。

エリート漫画家の集まる「トキワ荘」を経て、
「天才バカボン」で頭角を現し、以後ギャグマンガの巨匠に躍り出る。
作品は次々とテレビアニメ化され、晩年近くまで筆をとった。

芸能界ともパイプを持ち、福岡の素人・森田一義、のちのタモリを発掘。
映画のプロデュースも務めるなど多岐にわたって活躍した。

晩年は酒におぼれ、水代わりに焼酎を飲む日々を続けた結果、
体をこわし、ガンを克服したものの、脳内出血で倒れる。

一昨年には妻を亡くしているが、おそらくそのことを赤塚は知るまい。
いまごろ天国で再会しているはずである。

自作キャラ、バカボンのパパのコスプレをし、おどけてみせる姿(読売新聞)は、
「天性のギャグ師」そのもの。セーラー服を着る「奇行」でも知られた。
酒でごまかしてはいたが、たぐいまれなる才能を見るにつけ、
根はまじめな人だったと想像する。

こうして「昭和」はまたも我々の記憶から立ち去っていく。

|

« セブン-イレブン盛岡地区開店詳報その2 | トップページ | 日々変わりゆく「ビバパラ」 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42044870

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和は遠くなりにけり:

« セブン-イレブン盛岡地区開店詳報その2 | トップページ | 日々変わりゆく「ビバパラ」 »