« 大ニュース!腹黒圓楽誕生だ | トップページ | 秋の訪れ »

違和感のある横断幕

盛岡大附属高校がきょう、甲子園球場で駒大岩見沢と対決。
きのう、全校生徒が応援のためバスで西宮へ旅立った。
バスの長旅は疲れるだろうし、関西は暑い。がんばってもらいたい。
(保護者は懐具合が大変だと思うが…)

さて、TVニュースで放映していた「出発式」に、気になるものが。
生徒が「元気です岩手。がんばろう平泉」と書かれた、
オレンジ色の大きな横断幕を持っていたのだ。
これを甲子園に持っていくというのだが。

…「がんばろう平泉」?

「盛岡大学付属高校」ですよ? 平泉と関係ないでしょ?
100kmくらい離れてるし。世界遺産を取り逃したからといって、
「甲子園」という場所で、盛岡の高校が応援する義理はないだろう。

そして「元気です岩手」といえば、先日お伝えした、
県職員考案のダサいTシャツ」の胸に書かれたキャッチフレーズ。

横断幕の左側には、「岩手は、元気です。」と書かれたのぼりを持つ、
かわいらしいお椀のキャラクター。
調べれば、県が制定した「わんこきょうだい」というキャラだそうだ(岩手日報)。

地元民から見ると、強烈な違和感を感じる横断幕である。

今朝の岩手日報を繰っていくと、
観光のPR広告の一角に、同じ横断幕の写真が出ていた。
「盛岡さんさ踊り」で、県職員やJR社員などが、
この横断幕を持ってパレードを行ったようなのだ。
(あの佳代ちゃん、「高橋佳代子」も出たらしい)

やはり、この「元気です岩手。がんばろう平泉」の横断幕は県庁で作ったもので、
盛岡大附の応援団に持たせたのは、県職員の入れ知恵と思われる。
(高校からの横断幕使用申し出があったとは考えにくい)

TVや新聞で全国的に報道されることを見込んでのことだろうが。
高校野球にかこつけて、岩手県の観光PRを学生にさせるなんて、
ちょっといやらしいのではないだろうか。

盛岡大付の学生達は、甲子園という晴れの舞台に出る球児を応援したいのに、
遠く離れた平泉の応援をさせられるなんて、どこかおかしい。

「元気です岩手」も、地震があっても岩手は大丈夫ですよ、
という観光PRの色が強すぎる。
「岩手は元気です」ならまだ分かるが、
倒置したレトリックはあまりにもキャッチフレーズ的。

これだからお役所のやることは…と、Tシャツに引き続いて
役人叩きばかりするのもアレなのでここらへんでやめさせていただくが、
せっかくの場所だから、どうせ無償だから、なんでも許される、という考え方は
ちょっと遠慮していただきたいな、と思うのである。

(追記)

8月10日岩手日報朝刊によると、
横断幕はアルプススタンド脇のフェンスに斜めに張り付けられていた、
「県観光課」が製作したものだそうで、
甲子園に同行した担当職員は「盛岡大附とともに岩手のがんばりが伝わった」と語っている。

|

« 大ニュース!腹黒圓楽誕生だ | トップページ | 秋の訪れ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

メディアの人が着始めたらもう一般に普及していくかもしれませんね。
あのTシャツが、一時期の「24時間テレビ」のTシャツみたいに…

投稿: たかはし | 2008.08.10 07:57

盛付の応援でそんなことをさせてたんですか。
いくらなんでもやりすぎですね。

新聞で例のTシャツの写真を見て、確かにセンスの無さを露呈してるなぁと思いました(笑)

8日放送のIBC・じゃじゃじゃフライデーで神山アナがあのTシャツを着ていました。テレビを見ていて、痛々しさがひしひしと伝わってきました。

投稿: ホウス | 2008.08.10 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42111314

この記事へのトラックバック一覧です: 違和感のある横断幕:

« 大ニュース!腹黒圓楽誕生だ | トップページ | 秋の訪れ »