« 休みじゃねーじゃん | トップページ | 大ニュース!腹黒圓楽誕生だ »

「時代おくれ」

脚本家の倉本聰が「テレビへの絶望」を語り、
「今回の作品で連ドラは最後にする」、と
富良野で行われたフジテレビの連続ドラマ制作記者会見で語ったという(スポニチ)。

倉本作品といえば「北の国から」シリーズであるが、
それ以外にも萩原健一の「前略おふくろ様」、
「西部警察」の下地となったことで知られる「大都会(第1シリーズのみ)」などが有名。

倉本は「これが最後」発言の理由として、
自分自身の体力的問題もある、としつつ、
「視聴率主義が現場を覆っている」といい、
また「現場の世代とのギャップ」も指摘している。

さらに、「役者、脚本家、演出家をテレビ局が悪くした」とまで言い切って
テレビ局を断罪した。

言っちゃ悪いが、現場の声を代弁すれば、
「ホザいてろジジイ」といったところなのだろう。
数字を追及して何が悪い、と。

倉本の時代は、ドラマ作りにはもっと高邁な目標があって、
視聴率はそれにくっついてくる、という意識があったのだろう。

しかしいま、そんなことを口にすれば各方面から怒られるに決まっている。
制作の上層部や、編成部、スポンサー、広告代理店…

倉本はそれでも「大ベテラン」「大御所」だから、
言いたいことも言えるだろう。
「今の」現場の苦労を知らないから…。
いろんな制約をはねのけて、面白いものを作ろうと頑張っているのがいまの現場ではないか。

しかし倉本はその「制約」自体が面白くない、というのだ。
制作現場ではどうしようもない「制約」が。

考え方が水と油だから、倉本が「(自分と現場の)世代が違いすぎる」と
口にするのも分かる。
「数字ばかり追いやがって。俺たちの時代はなぁ…」と説いても、
「だからどうしろって言うんだ」としか、現場は言えないのだ。

「これが最後とは言いたくないが」と口惜しさも語る倉本(スポーツ報知)。
「老兵はただ去るのみ」なのか。

|

« 休みじゃねーじゃん | トップページ | 大ニュース!腹黒圓楽誕生だ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42079550

この記事へのトラックバック一覧です: 「時代おくれ」:

« 休みじゃねーじゃん | トップページ | 大ニュース!腹黒圓楽誕生だ »