« セブンイレブン前夜祭 | トップページ | BS11、おまえもか »

セブン-イレブン、盛岡市に初出店

「盛岡さんさ踊り」レポは「イワテライフ」「愛Loveもりおか」などの
A級モリオカンサイトにお任せして、
こちらは得意分野にかまけることにしましょうか。

7110801a


8月1日、本日開店のセブンイレブン盛岡三丁目店へ。
小雨の降る中、8時過ぎに到着。まさか、行列でもなしているのでは…と思ったが、
さすがに盛岡人はそこまで酔狂ではなく、落ち着いた感じ。

とはいえ開店日であり、普通のコンビニではあり得ない客の入り。
ただ「業界の雄、セブンイレブン来る!」的なムードは感じられない。
興奮してるのは俺だけか。(笑)

客層は比較的若者が多い。中高年にしてみれば
「珍しいコンビニが開店しただけ」だもんね。

店にはいると、早速チーフ級らしき40前後の店員がお出迎え。
ピンクと臙脂のツートンの制服はおなじみである。盛岡以外では。

コンビニ開店セールとしては定番の「パン30円引き、米飯類50円引き」。
弁当を買いたかったのだが、
チルドケースは(売れるであろう)おにぎりとサンドイッチで占められ、
弁当は少なめであった。

入り口にはセブン定番の「メロンパン4個入り」。今回も断念。
福袋的なものもあったが、出勤前だったのでこれも遠慮する。

内部は、角地にあることもあって、一般的な矩形ではなく、台形。
奥に行くほどやや広くなる。そのせいもあってか、ゆとりのあるレイアウトになっていた。

売り場のエキスパートではないので分析とまではいかないが
気づいたところとしては、
まず「ロックアイスが多い」。冷凍ケースの1フェースを
上から下までロックアイスの袋が占めていた。
夏場とはいえ、ここまで需要あるかなぁ…あるんだろうな。
水商売向けなのかもしれない。

それと雑誌がやや少なめかな? 客寄せにもなる雑誌類、
もう少し多くても良かったのでは、という気がする。

昨日のTVでも報道されていたとおり、PB「セブンプレミアム」が
エンド(棚の端)にコーナー設置。価格面でも有利な点をアピールする。
スーパーと比べディスアドバンテージであった価格面をフォローするためのPBである。
影響はわずかと思うが、MOSSビルのベルプラスワンも競合相手になりそう。

今回はとりあえず弁当とお茶を買ってレジへ
(弁当は宮城県で製造している)。
ひそかに「Nanaco」を作ろうと思ったのだが、
ありがちな特設専用カウンターもなく、
レジで申込書を書くような雰囲気でもなかったのでそれもやめる。

満を持して「ティッシュ1箱交換券」を差し出し(前回の謎が解けた
品物と一緒に受け取る。

ちなみに、競合店となる大通りのローソン(U-style真向かい、元スパー)は
そこそこの客入り、普段よりは少なめといったところ。
セブンはオープン景気だし、多少の割を食うのは仕方ないか。
ただ、大通の入り口に店を建てられてしまった以上、
今後多少のボディブローとなるかもしれない。

@@@

夕方再訪。さんさに来た客がついでに訪れた感じ。朝と比べると中高年層の客もちらほら。
さほど混んではいなかったので、満を持して「Nanaco」を作る。手数料300円也。
店内には「セブン銀行」のATMがあり、チャージ可能。

チャージしながら気づいたが、
この端末は24時間銀行ATMとしての機能で活躍しそうである。(焦れローソン!

風船を配っていたが、開店記念というより、さんさについでに乗っかった感じ。
開店記念ということで、700円以上お買い上げのお客様に福引き。
みごとお菓子をもらう。

7110801b


なお、酒については免許がまだ下りていないようで、
看板(あんどん)には出ているが紙で覆って隠していた。
(ただし夕方になると、あんどんが光ってしまい、
紙が透けて「酒」の文字が丸見えだった)。
たばこの取り扱いはしない模様。

|

« セブンイレブン前夜祭 | トップページ | BS11、おまえもか »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42032324

この記事へのトラックバック一覧です: セブン-イレブン、盛岡市に初出店:

« セブンイレブン前夜祭 | トップページ | BS11、おまえもか »