« 秋の訪れ | トップページ | 偽装と演出 »

CGでした

北京オリンピックの開会式の花火、実はCG。(読売新聞

これ、みんな分かってたんじゃないかな?と思ってたけど…。
開会式の中継を見てて、あの空撮の花火はどこかおかしいと思っていた。
でもどうでもいいことだから忘れてた。(笑)

なんか火花がフワーっとした(キレのない)花火だったし、
まちがいなく足形が空を向くのも不自然。
何かの形になる花火は、打ち上がった時点であらぬ方向を向いてしまうことが多いと聞く。

まあ花火大国の中国だから、正確に打ち上がる花火もあるかもしれないが。
いちおう、現地ではちゃんと花火は上げていたそうである。
ただ、全世界に配信された映像は、1年前から周到に用意されたコンピュータ・グラフィックであった。

実は競技も全部CGでした、なんて安手のSFみたいなオチ、
あと30年くらいすれば実現可能だったりするんだろうね。

|

« 秋の訪れ | トップページ | 偽装と演出 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/42147729

この記事へのトラックバック一覧です: CGでした:

« 秋の訪れ | トップページ | 偽装と演出 »