« スキャンダル女王 | トップページ | iPhoneの波紋 »

損をしない女

山本モナ騒動にいろいろなタレント達が参戦。

関根勤はエド・はるみとともに映画の宣伝のネタに使い(サンスポ)、
大塚範一アナは怒ってみせ(スポニチ)、
蛭子能収は「五反田もいいけど鶯谷もいいよ」と変に熱くなりつつも
「謹慎が開けたら仕事がまた来るでしょう」と応援している(スポニチ)。
そして高田延彦は「インリン様のあとを継いでくれ!」とラブコール。(日刊スポーツ

朝日放送(ABC)時代の先輩、宮根誠司アナは
「ミヤネ屋に来いよ」(スポーツ報知)と優しく声をかける。
一方、一年先輩の赤江珠緒アナの出演する「スーパーモーニング」は
番組冒頭で取り上げていたが、当の赤江アナはコメントに窮していた。
こちらもこちらで優しいねぇ。

オリエンタルラジオ・藤森慎吾は、モナが行ったオカマバーに同席しており、
こっそり騒動に名を連ねていたが、さっそく先輩の岡村隆史(ナインティナイン)が
藤森に「直撃取材」したことを「オールナイトニッポン」で語った
(たいしたネタはなかった様子)。

とまぁ、各方面に波紋を呼んだ「五反田ラブホテルで二岡ホームラン」である。

オフィス北野はてんてこまいだろう。
「サキヨミ」出演自粛にともなう違約金の支払いなどが出るはずで、
オフィス北野・森社長(元デンセンマン)はカンカンのはず。

ただ、日刊スポーツが「(ビート)たけしの顔に泥塗った」と言っているが、
タケちゃんはそんなに怒ってはいないはず。
むしろ「よくやった!」とすら思っているのでは。

前回のトラブル時には「お笑いウルトラクイズ」でスイカのかぶり物を着けさせて
復帰の花道を用意。その後モナはバラエティタレントに見事に転身を果たした。

「本業」のキャスター業に戻ったとたん、
またも「性癖」をさらしだしてしまったわけだが
タケちゃんは感心したに違いない。「こいつは肝が据わってる」と。

せっかく用意してもらった舞台を自分でフイにする「豪胆さ」。
「私は私にリベンジするの」という番組キャッチフレーズも、
有力な持ちネタになるだろうし。

いずれ、欲望のままに行動した今回の一件は、
短期的にはモナとオフィス北野の大損で終わったように見えるが、
中長期的には利益になりそうだ。

国会議員やプロ野球選手と不倫して、かえって得をするなんて、
こんな女子アナ、後にも先にもいない。

「サキヨミ」公式サイトをはじめて見たが、
 山本モナの名前は消されていて、
 番組アシスタントだった大島由香里アナがちゃっかり司会に昇格している。

|

« スキャンダル女王 | トップページ | iPhoneの波紋 »

「ニュース」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/41809631

この記事へのトラックバック一覧です: 損をしない女:

« スキャンダル女王 | トップページ | iPhoneの波紋 »