« 宝くじドカーンと1300万円スペシャル~岩手版~ | トップページ | 縫い針混入事件、現場へ… »

やっぺし!みちプロ

Ym01

7月15日(火)深夜、突如スタート。
IBC、そして岩手初(かな?)の「みちのくプロレス専門番組」。
事前に「テレラジリサーチ」さんでも取り上げられていた
新聞のテレビ欄で目についたので、録画してみた。

レポートも「テレラジ」さんに先を越されたが、
やはり備忘録ということで紹介しておく。

Ym02

冒頭、新人・土村萌アナウンサーと、
ガチャダラポンTV」でおなじみ??「気仙沼二郎」をはじめとした
さまざまなレスラーが練習場(盛岡?)から登場しご挨拶。

ただし土村アナが出るシーンは少なく、全体的には
菊池幸見アナが実況や対談の司会などを務めており、
実質、幸見アナが司会っぽい感じ。

放送はハイビジョンだが、素材はSD4:3。左右に枠をつけて放送。
制作はIBCプロパー(制作協力としてみちのくエンタテインメント)。
タイトル・コーナーロゴ等はIBCらしく
「TAGさん」こと田鎖トオル氏が担当している。

初回と言うこともあってか、
「みちのくプロレスはこんな団体」的なコーナーが多い。

Ym03

もちろん試合中継もあり。実況は前述通り、菊池幸見アナ。
「方言詩」「泳げ、唐獅子牡丹」の幸見アナがプロレス実況とは意外だが、
確かIBCきってのプロレス通。
実況そのものはうんちくを傾けつつの冷静な昭和スタイルだが、
スピード感に欠けるあたりが「幸見節」か。

Ym04

その幸見アナ、サスケ&新崎人生との対談コーナーも担当。
93年の旗揚げ興業時の思い出話などを、当時の映像をからめて。
IBCにしかできない番組かもしれない。
(でも試合映像とかはサムライTVとかのほうが持ってそうだけど)

Ym05

エンディングは沼二郎のド下手演歌「俺の海」PV(!)でシメ。
テロップで試合の告知や、
「平日プラン・39万円で試合できます」といったビジネスライクなお知らせも。

Ym06

一瞬「単発番組」かと思ったが、
来週以降も続くとのこと。

みちプロ本社が仙台に移転した今、なぜこんな番組を放送する気になったのか?
CSとかネット放送に販売する戦略なのかもしれないが、
沼二郎がナビゲートする墓石屋のCMなど、ヌル~い雰囲気がローカル感満載だったり。

2クールは続けて欲しい。

※県外からアクセスされている方のために一応説明するが
 「やっぺし」は「やろうぜ」の岩手弁。
 発音は「やっぺす」のほうが正しい。

|

« 宝くじドカーンと1300万円スペシャル~岩手版~ | トップページ | 縫い針混入事件、現場へ… »

「スポーツ」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/41915548

この記事へのトラックバック一覧です: やっぺし!みちプロ:

« 宝くじドカーンと1300万円スペシャル~岩手版~ | トップページ | 縫い針混入事件、現場へ… »