« ひっつき | トップページ | 宮崎県の御用メディア »

フリーは新天地

NHKの看板アナだった堀尾正明アナが、今夏の北京五輪で日テレのキャスターに就任。
インタビューに答えている。(スポーツ報知

「スポーツ番組がやりたかったのに、NHKではそれができなくなっていた」と語る堀尾アナ。
確かに最近は、スポーツとは関係ない番組への登板が目立った。
大きな重圧をかけられて臨んだ「ニュース10」も失投に終わった。

近年はスポーツ番組に復帰していたが、
今後もスポーツ番組を担当できるかといえば、その保証もなかった。

今後NHKに居続けたとしても、NHK特有の問題である「転勤」が待ち受ける。
どんな人気アナでも、ずっと渋谷の本局にいられるとは限らない。
堀尾アナクラスであれば、拠点局(大阪、名古屋などの大都市)への移籍となると思われるが、
いずれ、スポーツ実況からは離れることとなろう。

そして今年、五輪番組出演を上司に断られたことをきっかけに、
30年務めたNHKを退社した。53歳の新天地。

「スポーツ実況がしたい」は退社のいいわけともとれるし、
堀尾アナの真意は本人にしか分からないが
「退職金が満額出る」という54歳を1年残してでも退社したかったというのだから、
やはり北京五輪を伝えたかったのではないだろうか。

堀尾アナがNHK辞めるんだって!と聞けば、民放は引く手あまたになる。
そして、北京五輪キャスターとして、日テレが獲得することとなった
(卵が先か、鶏が先か、というのはおいといて)。

北京五輪をやりたい一心で「衝動的に退社した」というが、
五輪の後、何をするか決めているのだろうか。
今後もスポーツの番組を続けたいのだとしても、
民放には、レギュラーのスポーツ専業番組はあまりないし…。

でも、BSやCSもあるから、働く場所はいくらでもある。
草野仁のように、司会者に転身し成功したスポーツアナの実例もある。

いずれ、退路は断たれたわけであるから、
アスリートのごとく、走り続けるほかないであろう。

|

« ひっつき | トップページ | 宮崎県の御用メディア »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/41409315

この記事へのトラックバック一覧です: フリーは新天地:

« ひっつき | トップページ | 宮崎県の御用メディア »