« さすが「大人のテレビ局」 | トップページ | 常に用いる漢字 »

わがままなさんまも・・・

きょうの午後、「明石家さんま」が出演したテレ朝系の番組が放送される(岩手だけ)。

明石家さんまがテレビ朝日の番組に約15年出ていないのは有名な話。
VTR出演のような「ちょっと映る」くらいならOKのようだが、
冠番組などはいまのところない。

ときどきテレ朝系の番組に司会級で出ていることがあるが、
それは「ABC(朝日放送)」製作の番組である。
今日放送の番組もABC製作だ。

さんまが最後にまともに出演したテレビ朝日の番組は
「さんまのナンでもダービー」。
この番組でテレ朝とぶつかった、というのがいままで
さんまにテレ朝への不信を抱かせている原因であると言われる
(Wikipediaでは「野村沙知代」がトラブルの元であったと書かれている)。

昔と違い、「視聴率を取りに来ている」テレ朝にとって、
さんまは出て欲しいタレントの一人ではないかと思うのだが、
「竹を割ったら中にモチが入っているような性格」を自認するさんま。
15年近くもかたくなにテレ朝に出ないということは、かなり根に持っているようだ。
これを説き伏せるのは大変だろうし、
いくら天下の吉本興業でも、仲立ちするのは難しそう。

かといって、いまのさんまは数字を持っているとは思えない。
「丸いテーブルとひな壇と…」という「さんまゴールドパターン」が
そろそろ飽きられているのは周知の事実。
「明石家さんちゃんねる」の低空飛行をテレ朝はあざ笑っているかもしれない。
事実、さんまがいなくてもテレ朝は数字を上げているわけだし。

しかし、ここ10年、テレ朝はさまざまな芸人に冠や活躍の場を持たせ、
奇妙なマリアージュを生み続けた。
失敗例もあるが、ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号、
雨上がり決死隊、よゐこ、くりぃむしちゅーといった人々は、
テレ朝番組でさらなる魅力を増した芸人たちといえよう。

トウの立ったさんまに同じことが起こるかどうかは不明だが、
明石家さんまとテレビ朝日を、いま、組ませてみたいと思うのだけれど。

(09/7/28)
この記事へのアクセスが大爆発してなんだと思ったら
「さんま、テレ朝に14年ぶり出演」(オリコン)。
「アメトーーク!」で、雨上がりの20周年のお祝いゲストとして
サプライズ出演したんだそうで。六本木の現局舎も初訪問となるはず。

さんまのテレ朝ボイコットは14年目にして終了。
この秋で「あっぱれさんま」も21年の歴史に幕(スポニチ)だそうで、
わがままばかりも言えなくなってきた、ということか。

|

« さすが「大人のテレビ局」 | トップページ | 常に用いる漢字 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/41168609

この記事へのトラックバック一覧です: わがままなさんまも・・・:

« さすが「大人のテレビ局」 | トップページ | 常に用いる漢字 »