« 味噌だれの魅力 | トップページ | さすが「大人のテレビ局」 »

岩手は四国くらい広いのか

今朝の岩手日報のコラム欄「風土計」に「本県は四国四県に並ぶ広さ」とあった。

県民ならさんざん聞きまくった、手垢ならぬ耳垢のついた表現である。
しかしこれって、本当なの?

しかるべきところが集めたデータをもとに検証。

国土地理院「平成19年全国都道府県市町村別面積調」からのデータなので、間違いない。


徳島県4,145.90km2
香川県1,862.28km2
愛媛県5,677.55km2
高知県7,105.04km2
四国四県計18,790.77km2
岩手県15,278.85km2

四国のほうがでかいじゃん。(笑)
徳島・愛媛・高知の3県でもまだ四国のほうが大きい。
香川・愛媛・高知では、岩手のほうが大きくなるが…。

ばかでかい岩手のイメージを表すのに、
四国というのは例示しやすい比較物だったのだろうが、
「岩手は四国くらい広い」というのはやや大げさな表現であった。
日報が紹介した「四国四県に並ぶ」というあいまいな表現がミソなのかも。

まあ、「四国三県分」とでも言えば正確かもしれない。

|

« 味噌だれの魅力 | トップページ | さすが「大人のテレビ局」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/41108314

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手は四国くらい広いのか:

« 味噌だれの魅力 | トップページ | さすが「大人のテレビ局」 »