« BSイレブン春の編成 | トップページ | シティ青山の「倒産」 »

ようやく…岩手の民放すべてハイビジョンに

Mita
Mitg
一昨年、06年10月に岩手県の民放が正式にハイビジョン放送を開始して以来、
ようやくきょう4月1日に岩手めんこいテレビがハイビジョンカメラを運用開始し、
県内民放すべてがハイビジョン生放送に対応を完了。
しんがりとなっためんこい、千葉アナの表情もうれしそう。

Mitb
サブでは玉井アナが「岩手で最後やないか、ウチの会社あほちゃうか」と熱い視線を送る。

Mitc
4月1日になってCG入りのテロップもスタート。

Mitd
こちらも消極的だったサイドテロップ(画面右上に表示する見出し)も本格導入。
(ニュースの中身はあまりよくないが)

Mite
Mitf
天気予報画面もややイメチェン。ミット君もうれしそう。

Mith
「mitニュース」オープニングタイトルもようやく変更され、「隕石爆発」を卒業。
カメラが上空から岩手県周辺を撮影するようすがモチーフのCG。
(どうでもいいが「あすの天気」という表示が消えた)
ただ音楽は同じ。隕石が爆発する効果音まで変わらないのはいただけない。

Miti
項目もアニメーション効果。10年ほどでようやくテロップもイメチェン。
めんこいもようやく本腰が入った感じ。

これで岩手県の民放がすべてハイビジョン生放送に対応したことになる。
今後の民放を取り巻く環境は必ずしも良くないが、
まずはめでたし、である。

|

« BSイレブン春の編成 | トップページ | シティ青山の「倒産」 »

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/40729899

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく…岩手の民放すべてハイビジョンに:

« BSイレブン春の編成 | トップページ | シティ青山の「倒産」 »