« 雪国にたかじんのデカ鼻は似合わないのか? | トップページ | 格差逆転現象 »

R-1ぐらんぷり総評

決勝は関西テレビを会場に開催。今年は生放送。

COWCOW山田よし
 北の国からネタ。流行の画用紙芸だが、メロンやタヌキの天丼がなかなかよい。
世界のナベアツ
 3バカネタは以前もテレビで見た。当然構成は入れ替えているのだが、感動は薄い。
中山功太
 金持ちの息子のイメージしかない。しゃべりはうまいがネタはイマイチ。
なだぎ武
 面白いが、音を使うのはどうかな。ファミコンネタは、高齢者と若い人には通じないかも?
鳥居みゆき
 大阪はアウェーかと思ったら意外にウケていた。スケッチブック以外はほぼ完璧。
あべこうじ
 「ウザい」からいいのに、「ウマい」方向に行こうとしてる。
芋洗坂係長
 凄すぎる。客席が確実に盛り上がった。さすが元「テンション」である。
土肥ポン太
 ドラえもんとか「ダンシングオールナイト」とか笑いどころはあったけど、全体的に低調。

個人的なランキングは
芋洗坂→鳥居→山田→なだぎの順であるが、
結果はなだぎ武の二連覇。なだぎと芋洗坂は2点差の好勝負であった。
審査員ランキングは「なだぎ→芋洗坂→世界→中山→あべ→鳥居→土肥→山田」。

二位に落ち着いた芋洗坂だが、優勝するキャラクターじゃない
(変な冠がついてかえってプレッシャーになる)気もするので、
なだぎ二連覇は順当なところではないか。
昨年は全国ネットへの露出が少なかったので、今年こそは東京でも活躍して欲しい。

ただ、やはり芋洗坂係長が今大会の最大の収穫だったように思う。
来年も別なネタで挑戦して欲しい。

鳥居に関しては3日前にも取り上げたが、
彼女の良さを保つには、できればこういうメジャー大会で勝ってほしくなかった。
一般視聴者への顔見せができたのだから上々だろう。

|

« 雪国にたかじんのデカ鼻は似合わないのか? | トップページ | 格差逆転現象 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/40158344

この記事へのトラックバック一覧です: R-1ぐらんぷり総評:

« 雪国にたかじんのデカ鼻は似合わないのか? | トップページ | 格差逆転現象 »