« サンミュージック第2の核弾頭 | トップページ | R-1ぐらんぷり総評 »

雪国にたかじんのデカ鼻は似合わないのか?

岩手県の民放テレビは、関西ローカルの番組の買い付けに比較的冷淡なように思う。

たとえば、今も続く「よしもと新喜劇」「明石家電視台」(MBS)は
5年ほど前、IBCでほんの一時期ネットしただけだったし、
関西ではいやと言うほどテレビに出ている鼻デカのオッサン『やしきたかじん』の番組も
今のところ一切放送されていない。

(一時IBCが「たかじんONE MAN」を空いた枠の穴埋めで放送していたが、だいぶ前の話)

最近では「クイズ!紳助くん」(ABC)が、
岩手ロケを記念してIATが1回だけ放送したケースもある。
テレラジリサーチ@イワテさん情報で知り録画したが、
やはり「キダ・タロー」「円広志」が同じ画面に収まる絵は
ここ東北・岩手の地ではあまりにレアケースで、圧巻であった。

関西ローカルの番組で、岩手県内でずっと放送されているのは
「探偵!ナイトスクープ」(ABC、IBC→IAT)くらいのものだ。
とはいっても「ナイトスクープ」はほぼ全国ネットに近いが…。

やはり東北でもとくに保守的な岩手県民には関西ノリは合わないのだろうか。
あるいは、そういうふうに放送局が勝手に判断しているだけかもしれない。
ただ放送局の編成マンだって岩手県民だからねぇ。

近年では、IBCの奥村奈穂美アナ(滋賀県出身)が
テレビ大阪「きらきらアフロ」の番組購入をIBCテレビ編成部門に直談判し
ネット開始に至った件が有名?である。

当時この番組はほとんど全国の放送局に売れていて(岩手はかなり後発)、
いずれはIBCに限らずどこかの局でネットされる運命にあったと思うが
もちろん奥村アナがいなければ、ネット開始はもっと遅くなっていただろう。

正午前、夕方、深夜など、岩手の民放には空いている枠はいくらでもあるのだから、
大阪吉本タレントの出るお笑い番組や、
たかじんが差し棒振りまくる辛口トーク番組などを放送すれば
内容によっては岩手でも視聴者やスポンサーが食いつきそうな感じもするのだが…。

しかしテレビ局としては小銭が稼ぎたいものだから、
BSみたいにテレビショッピングを横並びで放送して
電波の無駄遣いをしてしまうのが実情なのだ。

奥村アナのような「伝道師」がいない限り、
関西文化、上方文化は岩手の地に伝わりそうもない。(大げさか?)
まさか未だに「佐治会長発言」への恨みでも持っているとでも言うのか。(古いか?)

※追記(2/24)
関テレ「たかじん胸いっぱい」が、番組企画で、岩手県民を集めて番組市場調査を行ったらしい
(参考:topic , the tropic of Capricorn)。
番組では岩手県民のリアクションとともに、
「関テレ→フジ系→めんこいテレビ」のつながりか、ついでに「ふじポン」の紹介までしたらしいが…。

※まさかとは思うが、「やしきたかじん」を知らない人のために説明すると、
本業は歌手。「やっぱ好きやねん」や「ガンダム」の映画版主題歌で有名。

歌を歌う時はやわらかい声質だが、
歌手の時とは明らかに違うダミ声を生かした
独特の話術にも定評があり、
早くから関西のテレビで頭角を現す。

15年ほど前に満を持して東京に進出したこともあるが、
緊張癖もあり、スタッフを蹴り飛ばす「武勇伝」を残し、
1年ほどで東京に見切りをつける。

以後は大阪を地盤に大活躍。
フリップを指し棒で叩く様子は「演芸」とされる。
一時歌手引退を表明するが、その後撤回している。

|

« サンミュージック第2の核弾頭 | トップページ | R-1ぐらんぷり総評 »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

そうですか。見てみたい気もしますが、どこも放送しないんでしょうな。
そういえば「ウドちゃんの旅してゴメン」(名古屋メーテレ)なんてのはたまに放送されますが。

投稿: たかはし | 2008.02.17 18:34

確か『たかじん胸いっぱい』では岩手のことが
ネタになっていたような……
「未放送地区でたかじんはどないやねん」と。
(余談ですがこの回、熊本では1ヶ月近く遅れての放送でした)

ちなみに私が住む熊本は昔から関西系が多いです。

投稿: 國見圭伊 | 2008.02.17 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/40146000

この記事へのトラックバック一覧です: 雪国にたかじんのデカ鼻は似合わないのか?:

« サンミュージック第2の核弾頭 | トップページ | R-1ぐらんぷり総評 »