« いわてのいのちを考える | トップページ | 盛岡の新しい「顔」 »

岩手第一ホテルが破産

盛岡市上田の「岩手第一ホテル」が自己破産とのこと。
旨くもない中華バイキングを食べたのが最後だった。
「味のホテル」というキャッチフレーズで、
IBCテレビによくCMを流していたのが印象に残っている。

上田の国道4号線沿いという立地は、岩手大学が近いとはいえ、
「郊外」であり必ずしもよいとは言えなかった。
それでも昔は競争も少なく、車で来れるホテルということで
一定のニーズはあったのだろう。

近年、盛岡駅周辺に大手資本のホテルがどんどん進出したことでじり貧に陥り、
盛岡にも郊外ホテルが出現しとどめをさされた、というところか。

ホームページビルダー丸出しのサイトはまだ残っているが、
楽天トラベルでは予約不可能になっている。

|

« いわてのいのちを考える | トップページ | 盛岡の新しい「顔」 »

「小売業」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

地元資本が斃れていくのはさみしいものです。
地元なのになかなか行かない場所、ありますよね。
動物園とか、岩山パークランドとか。(動物園は行ったことありますが)
盛岡食堂も、行ったことないですね…
第一ホテルのすぐ近くにありますが、280円ラーメンなんていう看板が。
幸楽苑対抗策かな…

投稿: たかはし | 2008.02.07 07:11

始めまして。30年近く盛岡にいますが、知っているけど行ったことが無い代表のような場所でしたね。
たしか盛食こと盛岡食堂も系列でしたっけか?
人も街もどんどん変わって行きますね、自分もですけど。

投稿: メガネ | 2008.02.06 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17949599

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手第一ホテルが破産:

« いわてのいのちを考える | トップページ | 盛岡の新しい「顔」 »