« 餅は危ない | トップページ | 圧力鍋は凄い »

テレブリッド

BS11「大人の自由時間」スペシャルとして1月4日放送されたのが「テレブリッド」。
MXテレビで放送していた「テレバイダー」の復活版と銘打っている。

金剛地武志らメインキャスターはオリジナルメンバーを5年ぶりに揃えたそうで、
元ネタの番組が分かる人には狂喜乱舞ものだろうが、
そうじゃない田舎者なので少し冷めた目で3時間弱、通して見てみた
(「テレバイダー」について調べるなど、余計な予習も一切せず)。

なるほど、くすっとしか笑えないが、
なんだかハマってしまいそうな雰囲気を持つ番組である。

要は「テレビをネタにした悪ふざけ番組」。

ただそのふざけぶりは半端でない。
「裏番組速報」と称して地上波やBSの番組の内容を「速報」するのは序の口で、
年末年始にタレントを馬車馬のように働かせる吉本興業をネタにし、
ライバルの(というには心もとないが)
浅井企画*やサンミュージックの幹部にインタビューしてみせる徹底ぶり。

その矛先は容赦なく、BSイレブンの年越し番組が
「相田みつを」特集番組だったことについても「だってBSだもの」と一刀両断。

テレビだけでなくさまざまなカルチャーも題材にしており
(ランクインした本をおもしろおかしく紹介する人気本ランキングで
「幸福の科学」の本を茶化さなかったのが笑えた)、
WEBも俎上に上げ、Youtubeの担当者にも突撃。
「私もニコニコの会員です」とまで言わせる始末。

メインキャスターと称する3名は、
ニュースキャスターの「体」でコントを展開する。

せっかく「キャスターを演じるコント」をやっているのに、
噛んだり笑っちゃったりしているのがややもったいない気もしたが
かえってライブ感やグズグズ感を演出するのには寄与しているのだろう。

使用しているスタジオは360度の背景と合成できるスタジオなのに
その背景は動かない番組ロゴだけというショボさも素敵である。

この「テレブリッド」は2回目も予定しているようだ。
公式サイトもすでに立ち上がっており、
放送中に番組台本を先読みできるというサービス精神は買った。

先述の通り、ゲラゲラ笑って見る番組ではなく、
小バカにした笑いなので、ダラダラした感じだがそれがまたいい。
ただ3時間弱はやはり長いか? 中盤に余計なコーナーが多い気もした。
無理に「大人の自由時間」枠(2時間45分固定)を使わなくてもいいのでは。

*浅井企画・川岸咨鴻専務。個人的には大爆笑のキャスティング。
 BSイレブンは知らない、とのこと。

|

« 餅は危ない | トップページ | 圧力鍋は凄い »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

金剛地は「所さんのそこんトコロ」でもおなじみですね。

「すずき」はあまりにも「浅井総動員」的でかえって見るのが怖いっす

投稿: たかはし | 2008.01.05 18:06

何ッ!テレバイダーですと?
それに感付いていたら観てたのに、見損なって悔しい思いです。
(でもサイト見たら再放送があるとの事)

上京した時とか時々地元でゲリラ的な放送
(あれは『鈴木タイムラー』だったかな?)
も含めて「うわー!気になるッ」と謎な番組でした。
『ケータイ刑事』(愛~零)まで柴田太郎を演じてた金剛地武志さんがメインで出てたのには驚きましたが。

そういえばctvnは浅井企画との仕事が多いですねぇ
(『すずき』と『ワンダフルワールド』)

投稿: 國見圭伊 | 2008.01.05 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17577034

この記事へのトラックバック一覧です: テレブリッド:

« 餅は危ない | トップページ | 圧力鍋は凄い »