« 師走、BSデジタルが変わる | トップページ | スプログにご用心 »

変わった番組

12月1日開局した「BSデジタル11」(日本BS放送)。
当日深夜放送された生放送特番「TOKYO VISUALSCAPES」がふるっていた。

「東京プリン」伊藤洋介、映画監督の鈴木浩介が形ばかりの司会を務める。
俳優やアーティストなどさまざまなゲストを交え、
居間を模したセットの中、
大型こたつで酒を飲み飲み朝までくっちゃべるという趣向。

広田レオナは終始ダウナーな感じで料理をパクつき、
伊藤の人脈でオカマや医者まで登場。
テレ朝で正月の深夜に放送しているような、ゆるい番組であった。

途中「水増し」的に挿入されたビデオクリップタイムを含め、
どう考えても対象年齢は20~30代の番組。
「大人向け」と割り切った編成のTWELLVと違い、
同局の間口の広さと「可能性」を感じさせる番組であった。

|

« 師走、BSデジタルが変わる | トップページ | スプログにご用心 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17257193

この記事へのトラックバック一覧です: 変わった番組:

« 師走、BSデジタルが変わる | トップページ | スプログにご用心 »