« 視聴者に近くなった「テレビの裏側」 | トップページ | 一介の局アナが芸能ニュースに »

対価のないものには明日もない?

首都圏で無料配布されている週刊漫画雑誌「コミック・ガンボ」が休刊。
発行期間は1年弱だったそうだ。
やはり「無料ビジネス」は難しい。

岩手なんて田舎ではとうてい読めっこない雑誌だが、
実は一冊だけちらっと目を通したことがある。

もらったのは都内ではなく、遊びで行った「横浜市」。
横浜駅前で分厚い冊子を渡されて、なんだろうと思ったら
マンガ雑誌だったのだ。

へぇぇ、都会(笑)じゃ漫画も無料なんだ、とそのときは思った。
紙質も悪くないし、雑誌としてもきちっとしていた。
ただ、ページをぺらぺらめくってみたら、
「あぁ、これじゃ無料だな」という印象は持った。

ラック配布もしていたそうだが、
いずれ、街頭配布中心では「次の号も読みたい」と思っても、
確実に買うことができない(もらおうとしても、無い)ケースが
往々にしてあり得るわけだから(実際はどうだったか知らないが)
難しいのではないかと思う。

それに、無料というには裏があると疑念を持たれてしまうから
(広告したいだけじゃないか、とか)、
相当のクオリティがないと支持は集められない。
それがほんとうにできているフリー出版物は「R25」くらいだろう。

「アニメ!アニメ!」というまんまな名前の業界情報サイトでは
「有料雑誌でも厳しい時代なのに…」
「WEBサイトなら生き残れるのでは」と分析している
同誌は現在でもWEB上で直近号が閲覧できる上
(リアル雑誌を無料で配るよりコストははるかに廉価)、
有料の単行本発行を開始しており、
それを収入源にするビジネスモデルならありではないか、という。

連載陣には江川達也らがいたようで、
金満の江川は一本くらい連載がなくなっても別に困らないだろうが、
MSN産経によると、足立淳という漫画家は
「失業だ! なんでもやるから仕事くれ!」とブログで泣きを入れているという

雑誌残酷物語は今に始まった話ではないが、
やはり仕事を受ける側も気をつけるべきだったのかもしれない。

読者も含め、タダより高いものはないといういい勉強にはなったかも。
勉強は、買ってでもしろと言うし。タダが悪いとは言わないけど…。

(追記)発行元のデジマ社は事業停止、つまり経営破綻した模様。

|

« 視聴者に近くなった「テレビの裏側」 | トップページ | 一介の局アナが芸能ニュースに »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17344200

この記事へのトラックバック一覧です: 対価のないものには明日もない?:

« 視聴者に近くなった「テレビの裏側」 | トップページ | 一介の局アナが芸能ニュースに »