« 3代目・和の鉄人 | トップページ | BS11ホームページ正式オープン »

死んだ猫に教わる

車を走らせていると、道路の真ん中に謎の物体。
近づいて見ると、それは「猫の死体をついばむカラス」であった。

さすがにもう、ネコの轢死体を見ても驚かなくなったが、
カラスがつっついているのをみると可哀想な気持ちになる。

それでも、カラスの餌になって、死んでもなお世の役に立つ
(カラスが世の役に立つかは別として)ネコの存在は
むしろ神々しいものに感じる。

人間の場合は、処理の簡便さや、シャーマニズムうんぬんからか
即座に火に入れられて、最終的に灰にされてしまうが、
ほんとにそれでいいのかいな、という気になってしまう。

さすがに動物につっつかれるのはごめんこうむりたいとは思うが(人間だからね)
土に還ったり、海に帰ったりすることで、
世に最後の恩返しをするのもいいのではないかな、と考えてみた。

まあ、死生観を語るほどの人生経験は積んでいないし
10年後に同じことを考えている自信もないのだけれど。

|

« 3代目・和の鉄人 | トップページ | BS11ホームページ正式オープン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17191278

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだ猫に教わる:

« 3代目・和の鉄人 | トップページ | BS11ホームページ正式オープン »