« ヒヤー | トップページ | 流行語大賞を占う? »

残業代がゼロになったら…

あまり残業はしないタチ。
うっかり居残りすれば毎度飲みに誘われるし…というのもあるが
終業時刻を過ぎたらさっと帰っている。
有能だからではなく、特段重責も与えられていないので(笑)

実際は重責うんぬん関係なく、仕事は決められた時間内で済ませるべきなのだが、
会社の電気をつけておくためだけに居座ってんじゃないかというくらい、
ダラダラと7時、8時までのんびりデスクで過ごしている人種がすごく多い。
あからまさに残業代ドロボーのような奴もいる。

「キミキミ、世の中はそんなに甘くないよ、
オレなんか毎日夜の10時まで安月給で働いてるぜ」
なんて方々もいることは重々承知しているが、
それを美と考えるのもいかがなものか。

だからサービス残業が横行し、
経団連や小泉あたりが調子に乗ってアメリカから
「ホワイトカラーエグゼンプション」なんてワケワカな制度を持ってこようとしたのだ。

まあこの残業代ゼロ制を導入すれば残業代ドロボーも減る、
なんて話もあるが、「生産性向上」と称して社員をこき使いたい
経営者達の思うつぼになるケースのほうが圧倒的だろう。

真に残業が必要な職種や会社、部署などあるだろうし、
それには対価も払われるべき。
(舛添要一やらお役所やらに)つけいるスキを与えぬためにも、
ダラダラと居残りをして家族を悲しませる
(逆に喜んでるもんね、というのはナシですよ)のは控えましょうね。

|

« ヒヤー | トップページ | 流行語大賞を占う? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

上司になればなるほど責任が増したために残業をするようになり、
課長クラスになった人で、毎日のように最後に帰るようになってしまった人もいます。
課長クラスは管理職扱いで残業代出ないと聞きましたけどね(会社によって違うでしょうが)。
上に立つ者だからこそ残業を控えめにしてほしいものです。部下の規範となるよう…

投稿: たかはし | 2007.11.09 20:13

うちの上司は残業ばっかりしています。

そんなに残業していたら死にますよ
と言うと
もしぼくが死んだら
「あのひと、仕事のしすぎで死んだんです」って
みんなで言って頂戴ね
と言い返してきます。

だから
ホワイトカラーエグゼンプション前でヨロシク!
と言ってあげました。

心優しい部下
それはアタシです。

投稿: nemigamaco | 2007.11.09 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17005815

この記事へのトラックバック一覧です: 残業代がゼロになったら…:

» 次の首相? 舛添厚労相の真価は [☆shaniner☆]
「劇場型閣僚」の真価はこれから 『舛添要一』 舛添要一厚生労働相就任から2カ月半が経過した。年金、薬害肝炎など次々に降りかかる難題に、わかりやすい言葉遣いと派手なパフォーマンスで立ち向かう姿に国民は喝采(かっさい)し、「次期首相候補」の声もかかるほどの人気を得ている。メディアのニーズにも合致し、テレビなどにもほぼ連日登場している。ただ、最近は「発言が行き過ぎ」「実行は伴っているのか」との声も聞かれ始めた。滑り出し好調な“劇場型閣僚”だが、政治家としての真価が問われる時期に入っ...... [続きを読む]

受信: 2007.11.11 05:02

« ヒヤー | トップページ | 流行語大賞を占う? »