« 冬が来た | トップページ | 角を矯めて牛を殺す »

BSデジタル新規参入組の試験放送開始

BSデジタル新規参入放送局である、
日本BS放送(11チャンネル、旧CH999)とトゥエルビ(12チャンネル)の
試験放送が11月15日からスタート。

Bs11


日本BS放送は、斜めに動くカラーバーと
「試験電波発射中 日本BS放送 BSデジタル放送」のテロップ(ラムダシステムズのフォント)。
正弦波(ピー音)の音声が常時流れ、
定期的にやや素人っぽい女性の声(新規採用の女性アナと思われる)で
「こちらは日本BS放送 BSデジタル放送 試験電波発射中です」
とアナウンス。
右上には「11」をかたどったロゴマークの透かし表示。

Bs12


いっぽう、トゥエルビは通常のカラーバーに、
「試験電波発射中 ワールド・ハイビジョン・チャンネル BSデジタル放送」
のテロップ(MSゴシック)。
右上には「BS12TWELLV」のロゴ透かし。
正弦波がしばらく流れると、フェードアウトし
「こちらはワールドハイビジョンチャンネル、BSデジタル放送です
ただいま、試験電波発射中です」というこちらも女性のアナウンスが3回流れ、
正弦波がフェードインする。

動と静、といった比較はややうがった見方か。

トゥエルビは先日、告知のみだったHPをリニューアルさせたが、
初日の番組表からはあまりやる気は感じられなかった。
「風と共に去りぬ」一挙放送は、ほほーと思うが
それ以外は実用番組と旅番組、そしてQVCのオンパレードで、ちょっとがっかり。

生放送だ、韓流スターだ、ニュース番組だと鼻息荒いBS11と比較すると
見劣り感は否めない。ただ、いまはまだ魅力に乏しい編成でも、
今後何かとんでもない手玉を出してくることも考えられる。

あと13日で本放送が始まる。
両社がどう放送メディアに斬り込んでいくのか、
しっかり見届けたいと思う。

(追記)
Bs12_2
トゥエルビの試験放送だが、時間帯によっては
外国の風景映像と音楽を流す時間帯もあるようだ。

|

« 冬が来た | トップページ | 角を矯めて牛を殺す »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/17105941

この記事へのトラックバック一覧です: BSデジタル新規参入組の試験放送開始:

« 冬が来た | トップページ | 角を矯めて牛を殺す »